田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

タグ:訪問リハビリ


今まで、急性期・維持機・介護保険分野における通所リハ・通所介護・訪問リハビリでの仕事を主に行ってきて、それぞれの分野で得られるものがあった。


だが、今までは回復期リハだけは、その存在意義がしっくり来なくて、回復期リハは働く場所として意識した事が無かった。

けれども、今回の改定や今後の動向を鑑みると、訪問リハビリ等の介護保険分野での仕事の経験が回復期リハでの仕事に活かす事ができるように感じている。


生活機能向上に関するリハビリテーション実施場所の拡充関連記事にも書いたが、実生活を視る視点を持った療法士が今後の回復期リハでは、必ず重宝される。


より、実践的な場面で意味のある訓練を提供し、退院後の生活が安定して行えるかが、他の回復期リハとの差別化にもつながる。


新卒で回復期リハに就職した新人が、在宅やその周辺環境における実用的な移動方法や家事全般を実際に住む場所で訓練として行うのは余程の事が無いと難しいと思う。



その点、一日に6件〜8件程度の利用者に対し、在宅や有料老人ホーム等で訓練を行っている訪問リハビリの療法士からすれば、特別な事には感じないと思う。

どちらかというと点数の差はあるものの、介護保険特有の煩わしさから開放され、純粋に患者や介護者の利益につながる訓練が出来るのでは無いだろうか?



訪問リハビリで経験のある療法士こそ、その経験を売りにして、回復期リハで活躍する取り組みが出来れば、療法士の生活を視る視点の向上にもつながるし、結果として訪問リハビリのサービス受給者数も増えるはずである。






 

前記事の続きになるが、回復期リハビリでの医療機関外でのリハビリが疾患別リハビリの対象になった事はチャンスだといえる。

今までの回復期リハビリでは実生活を想定し、仮想の生活を想定した訓練が主だったと思う。

熱心なセラピスト程、この「仮想ADL」に対して物足りなさというか、「実際の生活に本当に役立つ訓練が出来ているのか?」と疑問に感じていたはずだ。


病院でのリハビリではバリアフリー化された環境下でしかなく、実際の家とはどうしてもかけ離れている。


 その様な状況で患者や家族に対して在宅での注意点や気をつける事を指導しても、大半がその場では「はい、気をつけます。」というだろうが、実際に家に帰ると、全く役に立たず、再び転倒等を起こし、再入院となるのではないだろうか。

実際、退院後すぐに何らかのアクシデントが生じ、再入院になるケースは少なくない。

入院中はどんどん歩いていた人が、家に帰ると車いすで寝たきりになっていた。。。そんな話も事実としてある。


今回の改定における生活機能に焦点をあて、退院後すぐに実生活に溶け込める様に入院中よりしっかりと訓練を行いなさい。という意図が読み取れる。

農作業や特殊な環境が想定されているが、実際は在宅周辺での移動と近隣の外出先までの移動動作能力が主な対象範囲ではないだろうか?


回復期リハでのセラピストの役割や配置を意識するならば、是非とも多くの作業療法士が在宅に出向き、退院後の生活を想定した課題設定を行って欲しいと思う。

入院中から在宅生活を意識した訓練を行い、仮に目標が未達成だったとしても、介護保険での訪問リハビリに引き継げば良い話である。


まだまだ、思考錯誤の段階ではあると思うが、算定要件もさほど厳しく無いようなので、早期に実践できれば、他の回復期との差別化も図れると思う。

 

訪問リハビリでは病院等のリハビリ科と違って、白衣や療法士用の制服ではなく、動きやすい上下のジャージもしくは上は白のポロシャツ下は動きやすいジャージ等の所が多いのではないだろうか?

個人医院や小規模の事業所になると統一した制服は事務方等ではあっても、訪問系サービスや通所サービスは極端に違和感が無ければ、個人の裁量に任せる所も多い。

経営面から見ても制服を新調し、統一したデザインにすると費用がかかる上、個人の体格差や離職者が出る事を考えると、案外、バカにならないかもしれない。

しかし、訪問リハビリの様に会議等のややフォーマルな場面と実際の訓練を行う場合とで、服装を変える方が良いように思う。

特に導入時の各担当者が集まるカンファレンスや新規の利用者の初回訪問時に上下ジャージ姿で訪問するよりも、上は白シャツもしくはポロシャツで、ズボンはベージュのパンツ、名札は首からかけるタイプ、髪型も男性であれば長髪よりも短髪の方が好感度が上がる(らしい。)

女性の場合は男性に比べると、服装の事よりも身だしなみが好感度に影響を与える(らしい)


そして、男女共に言われるのが、標準体重よりも肥満タイプもしくは運動が苦手そうな雰囲気は初回から利用者にマイナスな印象を持たれやすいとの事。


また、同じ様に肥満体型だとしても、経験があるベテラン療法士や肩書きがある事を利用者側が認識していると、通常、マイナスな印象を与える見た目が、さほどマイナスにならないばかりか、プラスに転じる事もあるらしい。

やはり、人は独自の判断基準があり、肩書き等の情報によって、容姿等の印象を修正して認識するものかもしれない。


つまり、経験年数が少なく、やや肥満体型で運動が苦手そうな療法士は見た目からマイナスな印象を持たれやすい事を意識し、利用者とのより良い関係づくりの為にも自己管理が必須なのかもしれない。


また、自身の自己管理プログラムを通じて、利用者に指導を行う際など、ポイントや声掛けの工夫等が自身の体験からより適切に行えるのではないだろうか。


私自身も、自己管理として毎日の筋トレは必須であるし、運転時間等が長い事から腰痛等を患った経験からも、ストレッチは訪問の合間に時間をみて行っている。



長くリハビリの仕事を続ける為にも早い段階から、相手の視線を意識して行動を形成するのは、大変重要な事だと言える。



 


田舎での訪問リハビリを新規に始めたい方の為に、

安定した事業運営を行うコツを列挙します。


①訪問リハビリを紹介してくれる居宅事業所は3箇所あれば良い。

②地域包括支援センターからの依頼は必ず引き受ける。

③市区町村が出している介護福祉事業計画をホームページで確認。

④勉強会、研修会の実施。


↑このページのトップヘ