田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

タグ:訪問リハビリ


訪問リハビリのリスク管理でもよく言われるのが、転倒ですが、皆さんはどの様に評価をしていますか?


転倒の危険因子に関しては、環境面の影響から身体機能、又は認知機能面の低下等の影響が挙げられます。


より長く安定した生活を続けるためにも、訪問リハビリにおいて、転倒に対する評価は大変重要であり、原因を探る必要があります。


今回は、在宅で起きやすい転倒の原因と行うべき評価項目について紹介したいと思います。


1.転倒歴


過去1年間の転倒が、その後の複数回の転倒の危険性を高め、他の要因よりも高い影響力を示すと言われています。

一度目の転倒は怪我がなく済んだものの、しばらくしてまた転倒し、骨折等の大けがにつながったケースもありますしね。


訪問リハビリの初回から転倒歴はしっかりと聴取し、対策を練るべきです。


2.視力障害


白内障や緑内障等、高齢者の多くが目の障害を有している可能性があります。

中でも田舎で多いのが、草刈り機を使用中に石やら木の破片等が目に刺さり、失明に近い状態になった等のケースもありました。


視覚からの情報によって、バランスや動きを補正する中で、これらの視力の障害は転倒への危険性を高めやすいといえます。


大まかにでも、どの程度の距離までなら、視覚で認識できるのか? 見えにくい時間帯や色などがあるのかは適宜、確認しておく必要があります。


3.起立性低血圧

活動量が減少し、長期臥床傾向、糖尿病患者、多系統萎縮症等の難病患者にもみられる、起立性低血圧。動作開始時の立ち眩みだけでなく、ひどい場合は失神を引き起こすことからも、転倒の危険性が高く、外傷による二次的危険性を考慮した環境調整が必要です。


特にベッド回りや、トイレ等において、保護用テープや緩衝材を張る等の対応が求められます。


4.歩行能力

歩行速度の遅い人は転倒のリスクが高まるという報告もあるようです。

訪問リハビリにおいても自宅の廊下を利用して、どの程度の距離を何秒で歩けるかを定期的に計測しておくと目安になります。


5.バランス能力

転倒の評価において重要な役割を占めるのがバランス能力といえます。


バランス能力の評価も、簡易的な動作から複合的な動作方法にて評価するものまで多々あるので、訪問環境や疾患、状態に応じたものを選ぶ必要があります。

代表的な物として、

①Time Up and Go test(TUG)

運動器不安定症の診断時に必要な評価基準としても採用されており、介護予防等の分野でよく耳にする評価方法です。


詳細は割愛しますが、訪問リハビリでもよく利用されていますね。


私の場合は、屋内での環境設定が難しい場合は、屋外(庭や敷地内)で行ったことがあります。


②Performance Oriented Mobility Assesment(POMA)

バランスと歩行に分けて評価するテストバッテリー。

簡便で在宅等の環境においても使用しやすい。

バランスと歩行それぞれにおいて点数を出し、総点が28点。

総点が19点未満で転倒の危険性が高い

   19~24点で中等度の危険性

   24点以上で低い


③Berg Balance Scale(BBS)

POMAと同じく複合的なバランス能力を測定可能。

リーチ動作や段差踏み換え等の項目があり、より日常りより生活動作に近い項目が含まれている。


ただ、項目も複数あり、利用者の身体状況によっては疲労感に注意が必要。



6.服薬状況

訪問リハビリにて対象となる利用者が服薬している主なものとして、下記のものがある。


高血圧 血圧下降薬  めまい ふらつき

風邪 抗ヒスタミン薬 眠くなる ボーっとする

睡眠障害 睡眠薬  ふらつく

認知症 抗精神薬  脱力感 筋肉の緊張低下


特に抗精神薬における転倒発生率は高く、服用している薬が多くなるほど、転倒の危険性が増す可能性があるそうです。


訪問リハビリの場面においても、介護者に薬の作用として転倒の危険性が高まる可能性があることを、共有し、注意喚起を行うことが有用といえます。


また、主治医に報告をする際にも、薬の服薬状況と転倒の関係性を伝えることも大事です。


7.認知、心理機能


視力障害と同じく、認知機能の低下に伴う、判断力の低下は転倒への危険性を高めてしまいます。

mini-mental state examination(MMSE)でのスコアによっては認知障害がない人に比べて転倒による骨折のリスクが2倍になるという報告もあるそうです。


心理機能に関しては、うつ症状や過剰な自意識の高さが転倒へのリスクを高めるという報告もあり、各評価項目で得られた結果が良い結果であっても、過信せずに行動することが必要なようです。




訪問リハビリにおいて転倒のリスクを知ること、適宜、評価バッテリーを用いて状態を把握することが、転倒リスクを減少させることにつながります。




個々によって疾患も生活環境も異なる訳ですが、転倒に関する発生要因は類似していることも多々ありますので、評価を蓄積し、転倒リスクがある利用者に当てはめて対応を検討することが有益といえます。




転倒予防に向けた取り組みはまだまだ、細分化できると思いますが、今回挙げた項目を踏まえて対応できれば、十分ではないでしょうか。




最後まで、読んで頂きありがとうございます(^^)/




今年度の介護報酬改定にて新しくなった生活機能向上連携加算。

私の不勉強なのですが、通所介護のみならず、様々な事業所で行えるようでした。



         生活機能向上連携加算の対象事業所(新設)



1.通所介護・地域密着型通所介護

2.認知症対応型通所介護

3.短期入所生活介護

4.特定施設入居者生活介護・地域密着型特定施設入居者生活介護

5.介護老人福祉施設・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

6.小規模多機能型居宅介護

7.定期巡回・随時対応型訪問介護看護


中でも、小規模多機能型居宅介護での関わりで費用が算定できるのは大きいんじゃないかと思います。

また、同法人内であっても、算定可能なようなので、これは、是非とも算定した方が良いなと。

小規模多機能型居宅介護での生活機能向上連携加算はⅠ・Ⅱで点数が異なるようです。

Ⅰは100点/月 →生活機能向上に資する助言を行い、ケアマネが介護計画を作成。
Ⅱは200点/月 →療法士が利用者宅に訪問し、生活機能アセスメントを共同で行う。ケアマネが介護計画を作成。

Ⅱになると点数が高い分、
利用者宅にて実際の生活を確認し、生活行為に関する具体的な計画を作成する必要がありそうです。

それでも、1人辺りの利用者に200点/月ですから、20人程度の利用者であれば、4万円の収益増になります。


初回の訪問での計画作成が大変そうですが、2回目以降の訪問はスムーズに行えるでしょうから、1日10人程度で考えれば、2日/月で済みそうですよね。


訪問リハビリのスタッフが多いもしくは、立ち上げたばかりで利用者が少ない事業所等はこの加算を積極的にとっていくべきだと思います。

小規模多機能型居宅介護は訪問リハビリとの併用が可能ですから、生活向上連携加算が終了しても、訪問リハビリにつなげられるかもしれませんしね。

訪問リハビリの営業も兼ねて意欲的に介入していくのが良いでしょう。

ただ、4万円という金額だけだと、少ない気もしますよね。


訪問リハであれば、一日で4万円は収益になりますからね。


けれども、この生活機能向上連携加算は新しく訪問リハを立ち上げた事業所には重要です。


地域の事業所に顔を売る絶好のチャンスですからね。


名刺と事業所のパンフを持って、事業所回りをするよりも、生活機能向上連携加算について宣伝する方がよっぽど、新規の利用者の獲得につながると思いますよ。


連携加算で得られる報酬は受取らずに、その分、訪問リハが必要な利用者の方を紹介してもらう方がよっぽど今後のためになります。

1人のケアマネから信頼を得られれば、3人は利用者さんを紹介してくれます。

そんなケアマネさんがいる事業所が3箇所あれば、訪問リハは安泰です。

信頼を得て、必要な人に必要な訪問リハビリサービスを提供する為にも、この連携加算で営業していきましょう(^o^)

5月なのに九州は猛烈な暑さの日が続きました。


この時期で30度を超えると、本格的な夏がどれだけ暑くなるのか不安になってきます。


なので、以前から気になっていたこちらの商品を購入しました☆








値段も手頃だったのと、口コミを見て選んだんですが、注文した翌日には届いたので、早速取り付けてみました。






最初は上記のように、車のアシストグリップ(ドア上部の把手部分)に取り付けようかと思ったんですが、助手席側にしかアシストグリップがない為、吸盤付きにしました。(結果的には吸盤でよかったです☆)


最初は助手席側の窓に貼り付けてみたんですが、音が大きいので、結局、後部座席に取り付けました。



シガーソケットから本体までのコードも長くて、軽自動車であれば、十分余裕があり、吸盤も固定性が高かったので、取り付けは問題なかったです。



早速、休憩時間と訪問の合間の空き時間に、停車させて使ってみました。


やや音は気になるものの、風量も強くて、エアコンよりもバッテリーを気にしないで済むので良かったです。


日陰が無い所など、日差しが直撃する場合に重宝しそうです。


あと、エアコンと併用してもカーファンがサーキュレーターの役目も果たしてくれるので、炎天下の中にあった車内もすぐに換気できそうです。


エアコンが苦手な人にはとてもお勧めなので、是非、試して見てください(^_-)-☆



 



最近、訪問リハビリの車を縁石で擦ってしまい、凹んでいる管理人です。



サービス提供中の事故(転倒・怪我など)は無いんですが、数年おきに車を擦ってしまうんですよね…。



そんな凹み中の私が、失敗した時こそ、その過程を推敲し、次に活かせる取り組みとして紹介したいのがこの本です。




 




作業療法士で訪問リハビリの先頭を走り続ける宇田 薫 作業療法士が編集と著作に携わっています。


私がこの本を買ったときはまだ、訪問リハビリを始めて間もない頃で、これからバリバリ頑張ろうと鼻息が荒くなっている私を少し冷静にさせてくれた本でした。


そして、本に書かれている内容から感じたのが、

みんな色々あるんやなぁ〜(しみじみ)

といったもので、失敗で終わらせずに、それを多くの人に知ってもらうことで、活かせることもあるんだなと気づかせてくれました。


失敗=恥ずかしい事

と思いがちですが、ブログも同じで発信することで得られる事も多々あるんですよね。



なので、失敗から多くのことを体験していないうちから学ばせてくれるこの本はこれから訪問リハビリを始める人、私の様に凹んでいる人にとっては、必読といえます。



宇田 薫作業療法士の細かな視点とコラムも「そうなんよな〜。」と納得できる部分も多いので、オススメです(^o^)


連休が終わり、明日からの仕事で失敗しても大丈夫ですよ!


この本を読んで、失敗を先取りして、業務に活かしていきましょう(^^)





訪問リハビリを立ち上げ、もうすぐ、7年目を迎えます。


ただ、目標としていた5年を過ぎ、10年続けられる事が今の目標になりました。


2017年は人生で大きな節目となる出来事が重なり、精神的にもかなりキツかったです‥。


そんな中でも、今の職場で頑張れたのは利用者やご家族からの感謝の言葉でした。


つい先日も、一日に8件、18単位だったんですが、以前の様に疲れなくなりました。


それだけでなく、訪問する毎にやる気がみなぎる感じでした。


というのも、訪問するごとに


「訪問してくれるから、元気になりました!」 


「リハビリのお陰で、また頑張れます!!」


といった、嬉しい言葉をかけていただいたからです。


決して、私が会話や態度でそうゆう言葉が欲しそうにしていた訳じゃないですよ(^_^;)


自然の会話の中で、発して下さった言葉に目頭が熱くなり、異様にまばたきが多くなってしまいました。

気持ちが通じるというか、普段の何気ない会話ややりとりから、新しい目標が定まったり、実行する為の環境作りができると、リハビリの効果的なものが飛躍的に向上するんですよね。


それが、普通の事になり、喜んでもらえて、感謝されるというこの充足感はモチベーションが上がりまくります(笑)




仕事が楽しいと感じるためには、


1.ある程度の利用者数が確保されていること

2.目標が明確に定まっていること

3.色々な経験(失敗例や成功例含めて)が活かされること

4.喜んでもらえること

だと思います。



仕事が楽しいと世間が連休でもあまり苦になりませんしね(^^)



次は1日10件訪問し、全てで喜んでもらえるように頑張ります(10件は無理か…^^;)







↑このページのトップヘ