市区町村に裁量が委ねられる総合支援事業が着々と浸透している事を感じるこの頃です。


国も介護費用の抑制が図れた市町村にインセンティブを与える事を公にしましたし、これからの介護保険下でのリハビリサービスはより、自立支援に向けた明確な取り組みの有無で評価されると思われます。


私も今までに何度も介護予防者の方の地域ケア会議に招集され、訪問リハビリ・通所リハビリの明確な目標とそれに対する取り組みを問われました。


何を持って自立支援というのかは各々の考えがあるかもしれませんが、とりあえず、セラピストが関わるからには出来る事を増やし、介護度を下げる必要があるようにとの事だといえます。


そんな中、全国を飛び回っている佐藤孝臣作業療法士の講演を何度か聞く機会がありました。

佐藤作業療法士の凄い所はセラピスト以外にも行政職員、介護士、看護師等、色々な職種の方に
対して危機感を持たせる事に長けている様に思いました。

そして、共通課題を設け、具体的に解決するためには各々がどの様に行動すべきかを説いておられます。


特にリハビリ職には生活課題を明確にし、そこにアプローチするという基本だけども、実際には不十分な点を鋭く指摘され、解決策を呈示されています。


今のままだと大変な事になる。すぐに考え方を変えないと。。。

といった感じです。


そして、講義の中で自立支援を図るために何を見るべきか?どの点に介入するのか?が明確なんですよね。


それをご自身が運営している通所介護施設で実践されているので、やる気さえあれば、誰でも真似できる形になっているんです。(今年からは訪問看護ステーションも開設されたようです。)


私も今までに数回、佐藤作業療法士の話を聞く機会があったんですが、毎回、講義の後は下を向いて気力無く会場を後にしています。笑


というのも、今の職場環境では、どちらかというと自立支援に向けた取り組みが不十分だと分かっているからなんですが…。



次期、介護保険改定に向けた部会等でも積極的に発言されており、佐藤作業療法士の意見が反映されていく事は間違いないといえます。


是非とも、自立支援に向けた取り組みをいち早く情報として取り入れ、実践したい方は早々に講演に参加される事をオススメします。


以下に佐藤孝臣作業療法士(主に地域包括ケア・自立支援関連)に関するまとめを添付しますね。

講演会に参加される前に予習しておくと、頭に入りやすいですよ☆


 第18回福岡県作業療法学会 基調講演


デイサービス楽

自立支援ヘルパーマニュアル(一部)


杵築市における地域包括ケアシステムの取り組み


大分合同新聞 掲載記事


大分県における地域ケア会議普及にかかる市町村支援 |地域ケア会議


追記:日本作業療法士協会会員向けの協会誌も総合支援事業についての実践報告が載せられています。

特に今月号(2017年6月号)では「総合事業5分間講読」という形で、有限会社なるざ 谷川真澄作業療法士の取り組みがあげられていました。

見開き1ページ分にビッシリと文字と総合支援事業について知識が無い人には意味不明な図があります。笑

これを5分で読んで、内容を理解できるのは佐藤孝臣作業療法士くらいじゃないかと思うくらい、濃い目で常人では真似出来ないレベルに達しています。

けども、この見開き1ページを総合支援事業に携わっているもしくは、地域ケア会議等に頻繁に招集されている療法士は必読だといえます!


私のように、介護保険下で訪問と通所リハビリにどっぷり浸かっている療法士にとって、今後の市町村の動向はいち早く理解しておきたい。

そして、できれば、自分も市町村の取り組みに参画し、存在意義や価値を広めたいと思う療法士にとっては、必ず参考になると思いました。


興味がある方は、職場の同僚に頼んで見せてもらうのもありです。


いつも思うんですが、こうゆう取り組みを、無料で大々的に発信するべきだと思うんですけど、ネットでは見つかりづらいんですよね…。


また、情報があれば更新していきたいと思います(^o^)