田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

田舎で訪問リハビリ事業所を開設し、7年目になりました。開設当初から様々な壁に直面しながらも、ここまで続けることができました。収益は月に100万円以上を目標にしています。(一人職場)
訪問リハビリを始めたい方、収益アップを図りたい方、日々の業務に悩んでいる方など、訪問リハビリに関する私の経験談を主として情報を発信しています。私の経験があなたの役に立てば幸いです(^^)/

タグ:自主訓練


訪問リハビリの自主訓練で最も定着しているのが、棒体操とセラバンドを使った筋力訓練です。


特に要支援1~要介護3位の方にはとても、重宝しています。


なので、早速、追加注文しました。



 
昔はネットで注文する事も出来なかったので、最近は本当に便利です。

気になるトレーニング器具は吟味して、極力試し買いをしています。

中にはハズレもありましたが、使ってみないと分からないので、それはそれでよい経験になりました。

でも、セラバンドは私が実習生の頃からよく目にしている商品ですが、エジプトでも普通に使われていたので世界的に人気の商品といえます。


私のお勧めの自主訓練メニューが棒体操・セラバンドの組み合わせで、寝る前と起床後に10回×3セットです。



回数や負荷は大まかに決めますが、頑張り過ぎる方が多いので上記の回数が主です。


お薬カレンダーにお薬と一緒にチェックシートを入れておき、運動した回数を〇や×で書いて下さる方もいました。

手軽で簡便に出来るのでお勧めですよ(^^)/





 朝晩が涼しくなり、夜の寝苦しさもマシになってきましたね。


私の担当する利用者さんのご家族で、健康づくりの為に、毎日、ウォーキングをしているという方がおられます。


けれども、ある日、屋外で転倒してしまい、膝を痛めてから歩くのが億劫になったとの事でした。


歩かない事で運動不足になり、介護に対するストレスを感じやすくなったという事なので、ウォーキングが健康づくりでもあり、楽しみとしての活動になっておられたようです。


 
足の痛みは荷重時や舗装されていない所を歩く際に不安感もあり痛むとの事だったので、是非ともストレス発散の為にもウォーキングを再開してもらいと思い、ウォーキング用ポールを紹介し、私が個人的に所有していた物をお貸ししました。


ウォーキングポールの効果については下肢の負担を減らす程度にしか、考えていなかったんですが、全身運動としてポールを利用することでダイエット効果もあるようですね。


ノルディックウォーキングになるとポールの持ち方や正しいフォームまであるようなので、奥が深そうです。


ノルディックウォーキング~歩き方とその効果~ 



本格的に歩くことを通して体質改善や体力増強を図るのであれば、ある程度は上記のサイトを参考に働かせる筋肉を意識しないといけないのでしょうが、気晴らし程度に歩くのであれば、まずは手軽に使える事が大事なように思います。



私の住んでいる地域は田舎なので、ホームセンター等に行っても、安価なウォーキングポールが無い事からAmazonで安いのを注文してみました。


(利用者さんの家族に貸したのは義理のお父さんが1ヶ月で使わなくなったウォーキングポール(^_^;)) 






トレッキング用が主な様ですが、試しに買ったキャプテンスタッグのトレッキングステッキで充分役に立つ事が分かりました。

軽量を売りにしているものからすると、少し重いかも知れませんが、ウォーキングの際に使用する程度であれば問題なさそうです。




3900円がセール価格で1480円(9月11日現在)と破格の安さのトレッキングポールがありました。

2本セットでこの値段だったら、お試しで買い置きし、必要に応じて貸し出す事も出来るなと考えいます。








介護用品としても使え、女性に人気なのがこちらの商品のようです。値段も安価でピンク柄なのが女性には喜ばれそうですね☆






トレッキングポールの効果はネットで検索すると、山のように出てきます。主に健常者の方が対象のようですが、運動習慣が無い人や介護予備軍の方が気軽に屋外移動を始めるきっかけに、これらの道具を上手に活用する事で、気持ちに変化が生まれ、体を動かす事が楽しみになるような習慣化が図れるように思います。


値段も安価なので、私の利用者さんのご家族のように知らなくて喜ばれる事もあると思うので、車に常備しておくと役に立ちますよ(^o^)
 


訪問リハビリの自主訓練ように、ペダルこぎ運動器具を購入しました。


一つ目は利用者さんからの依頼だったので、5000円程度で買えるものを中心に探しました。


田舎なのでAmazonで買うしか方法が無いので、この時は何となくレビューを参考に買うことにしました。


Px-one イエロー
ユーキ・トレーディング
2012-12-01



結果、上記の品を購入し、組み立ててみました。


やや重い印象がありましたが、グラつきも無く、固定部分が(少しですが)折り畳める様になっていたので、持ち運びはしやすかったです。


また、使わないかなと思ったんですが、1回漕ぐ事にカウントしてくれるので、漕ぐ回数を指定出来るのも良かったです。


ケアマネさん等に報告する時にも具体的な数値で報告できるので。



初めて買った、ペダルこぎ運動器具がとても評判が良かったので、別の方にも自主訓練として同じものを購入し、貸し出してみました。



ペダル ダイエット エクササイズ ペダラー ペダル運動機【あす楽対応】

ペダル ダイエット エクササイズ ペダラー ペダル運動機【あす楽対応】


2回連続で評判が良かったので、次は安い物にしてみようと思い、3000円のペダルこぎ運動器具を購入してみました。


私が調べた中では最も安い価格だったので、これで不具合がなければ、幾つか購入しようと思ったのですが、

いざ、商品が来てみると、素材のチープさは仕方ないにしても、土台がグラついてしまい、並行な場所に設置しても、4本足の1本が浮いているんですね。

使う前から傾いた状態。

なので、浮いている足の下にタオルを敷くなどの補高が必要でした。

また、ペダルを漕ぐと左右にグラつくんですよね。これが一番困りました。

ネジで固定する為、固く締めても、遊び生じているようでした。


唯一、上部のグリップを締めたり緩めたりする事でペダルを漕ぐ際の力加減が調整できるというものでしたが、漕いでいる時にグラグラすると、集中出来ないですよね。


ましてや、漕いでいる時に急に外れて、怪我でもしてしまったら、本末転倒です。



なので、


やはり、値段が安い物は現物確認が必要ということ。


5000円程度のペダルこぎ運動器具であれば、機能は少ないも運動効果はあること。 

が実体験をもとに知ることができました。




以前の職場ではルームマーチがあったので、時々、使っていましたが、やはり値段もそこそこ高いです。








ペダルを漕ぐ事で、少しでも自主訓練の意識づけが出来れば良いという気持ちでいる方が、利用者側からしても、継続できるそうです。



大部分で梅雨が明け、日中の日差しがキツイ時期ですので、屋外に出る方は少なくなっていると思います。


涼しい環境で場所を選ばずに出来るペダルこぎ運動器具は最適ですよ☆

 

↑このページのトップヘ