田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

田舎で訪問リハビリ事業所を開設し、7年目になりました。開設当初から様々な壁に直面しながらも、ここまで続けることができました。収益は月に100万円以上を目標にしています。(一人職場)
訪問リハビリを始めたい方、収益アップを図りたい方、日々の業務に悩んでいる方など、訪問リハビリに関する私の経験談を主として情報を発信しています。私の経験があなたの役に立てば幸いです(^^)/

タグ:社会参加支援加算



熊本県 介護保険事業所 訪問・通所リハビリテーションにおける社会参加支援について【変更】




当該Q&Aの発出を受けまして、算定要件の再確認が必要となることから、平成28年4月1日を適用日とする当該加算に係る体制届の提出期限は、平成28年3月31日(木曜日)(必着)までとします。(上記資料より抜粋)


因みに新しい計算方法も上記の記事にエクセルで添付されています。



様式17 社会参加支援加算 大分県


上記に添付されているエクセルの様式には記入例が分かり易く書いてあります。

ただ、平成28年3月11日に発出された介護保険情報の様式なので、最新版ではありません。



 

前回の記事で社会参加支援加算について書きました。


そこで、今更なんですが、介護予防サービスでは社会参加支援加算は算定出来ないんですね。


サービスコード表で確認すると一目瞭然なんですが、うっかり勘違いされる方もおられるかと思います。


P90が介護訪問リハビリに関する内容(PDF)

P11が介護予防訪問リハに関するコード表(PDF)


毎度の事ながら介護予防給付と介護給付サービスで差をつけるのは何故でしょうね〜。。


訪問リハビリで介護予防の対象者は少ない上に、予防の観点から見れば、訪問リハビリで卒業を図り、別の社会参加に資する取り組みを評価するべきだと思うんですけどね。。



国からすれば、介護予防給付者は社会参加出来ているのが前提なんでしょうか。。。



※通所リハも同様です。

 

㍻27年度の介護報酬改定にて親切された社会参加支援加算の申請期日が近づいてきました。

来年度から加算を算定する方は書類の準備と申請を行いましょう。


訪問リハビリ・通所リハビリを行う事業所にて条件が合う場合は、12単位/日もしくは17単位/日の加算がつくので、利用者数が多い事業所にとってはありがたいと思います。


しかし、この条件に当てはまるか否かの計算が面倒くさいと思う人は少なくないはず。。。


私も介護報酬改定があった際にはチェックしていましたが、つい最近までその存在すら忘れていました。



詳しく記載されているブログがありましたので、参考にして下さい。


訪問リハについての適当な独り言 


rehatora.net




事業所がある県や市のホームページから申請書の記入用紙が確認出来ます。

 社会参加支援加算 申請 書き方 





多くの事業所が死亡や入院等ではなく、通所介護への移行や役割を持って生活できる事での訪問・通所リハサービスが終了でも算定の基準に合致するので、ハードルは低いようにあります。

しかし、終了後にご自宅に訪問し、確認する手続きがやや面倒かもしれません。


平成28年度からの申請期日が近づいていますので、まだの人は事務方と相談しつつ、早めに書類を作成した方が良いですよ☆

↑このページのトップヘ