先月、札幌で行われた日本作業療法学会。


学会長の基調講演のテーマである

「しなやかに暮らす ひと・まちつくりへの提言」

という内容からも、作業療法士の活躍の場がどんどん広がっているのが、感じられる演題が出揃っているように感じました。


学会に行けなかった人も第50会作業療法学会のホームページで抄録だけでも閲覧する事が出来ますよ☆


第50回作業療法学会in札幌(抄録集)



BlogPaint




私も抄録集をテーマで気になったものを幾つか閲覧していたんですが、その中で凄い作業療法士を見つけてしまいました☆


石山満夫氏(作業療法士 大阪府の訪問看護ステーション所長) という方で、訪問看護ステーションを経営しつつ、障害のある方の率先した地域事業への進出を行っているようです。


千里津雲台訪問看護ステーション 附属 リハセラピー    (自費通所リハビリ)


27 AM

※自費通所リハビリを併設されているようです。スゴイ。。



其の石山氏も第50回作業療法学会で発表をされています。


片麻痺のあるマスターが働くカフェが地域に及ぼす影響(PDF)


テーマからして「え?どゆこと?」って思いません?


テーマだけで俄然、興味がそそられません??


 早速、抄録を読んでみましたが、 これってリハビリ職が保険外サービスを地域で行っていくのに、大変参考になる内容だなと思いました。



第一回日田リハビリサミットもそうですが、


障害を持つ人がどの様に考え、地域で生活をしているか?

当事者が主体となって活力あるどんな取り組みをしているか?


をもっと地域やそこに住む人に啓蒙していく事が、まちつくりに繋がると思うんですよね。



まずは地域で頑張っている人がいること、その人達とともにリハビリ職が関わっている事を広める事が重要だと思いますし、ここにリハビリ職の新たな活躍の場を見い出せるんじゃないかと思います。


石山さんはご自身のホームページでリハビリコラムも書いておられるんですが、数年前の内容にも関わらず、現在でも心に響く内容になっています。

自戒の意味も込めて、繰り返し目を通していますが、面白いですよ☆

訪問リハビリで頑張りたい療法士は理学・作業関係なく、役立つ内容だと思います。


石山満夫の地域リハビリコラム 


01 AM