田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

タグ:理学療法士

2018年秋公開予定の「栞」


理学療法士の経歴を持つ、榊原有佑監督の渾身の一作です。


今年の6月の時点でクランクアップしており、来年の秋公開と言うことで、リハビリ職の私としても大変待ち遠しいです。


そんな中、栞とは別に理学療法士が主演の映画、「嘘とホームラン(仮)」の制作が始まるそうです。


どんな映画なのか、調べてみると、
今回の映画の舞台は、「急性期を過ぎてから、一定期間入院し、1日2~3時間の集中的なリハビリを実施して、低下した能力を引き上げる」”回復期リハビリ”の病院にしました。疾患ごとに国から60日〜180日間とそれぞれリハビリ期間が決められてしまっていることで、退院までの決まった時間内でベテラン療法士と同じ成果を出せず、責任・プレッシャーを感じる、回復期リハビリ担当の新人理学療法士(Physical Therapist、略してPT)と、彼女を取り巻く人々を描くことにしました。



引用元:宇野愛海主演×佐藤快磨監督の回復期リハビリについての短編映画


内容から、新人理学療法士の日々の葛藤と経験を基に成長していく様子が見れそうですね。



また、撮影場所も本当の回復期リハビリ病棟とのこと。


回復期リハビリの病院から取材協力・脚本監修・現場監修の全面協力を得、3月7日に病院のリハビリ部長の他、リーダー2人、1年目・2年目の合計5人の理学療法士、作業療法士に取材できることになったので、普通だったら脚本が出来てから脚本を提出して役をオファーするものなのに、主演の宇野愛海さんにも取材に同席して頂き、「悔し泣きをしながら話す療法士さんの話を実際に聞き、退院までのリミットがある”回復期リハビリ“の療法士にのしかかるプレッシャーを肌で感じて頂き、今後の役作りに役立てて頂く」という普通の映画製作ではできない贅沢をすることができました。

                                        引用元:同上


回復期リハビリ病院の全面協力ってすごくないですか?!

しかも、きちんと現場に取材に行き、療法士の現状を知るという点が監督の真面目さと映画を作る段階での意気込みを感じます。


別記事にも書きましたが、療法士の視点からみるとどうしても、映画やドラマで出てくる療法士の存在に違和感があって、しっくり来なかったんですよね。



オレンジデイズなんてその代表ともいえる内容ですから。



オレンジデイズ DVD-BOX
妻夫木聡
メディアファクトリー
2004-09-03




それにしても、取材を受けた療法士の方が羨ましいですね!

自分の実体験が映画化されるなんて、最高じゃないですか?

そして、多くの実習中のリハビリ学生さんには是非とも観て欲しい。


実習中の悩みと映画の内容が必ずリンクして、「悩みながらでも、頑張れば良いんや(*^^*)」って気持ちにさせてくれるはずです。



最後に、監督のコメントがとても実直で、映画への意気込みが感じられるので引用します。
「回復期リハビリテーション病院を舞台に映画を撮る。このお話をいただいたとき、正直不安しかなかった。家族もみな至って健康、リハビリの経験すらない自分が、この映画を撮る意味。人生が一瞬で変わってしまった人たちに対して、部外者が踏み込んでいく傲慢さ。そして感動とかそういう言葉に流され、都合のいいことばかりを並べた、どこかで見たことのある映画を撮ってしまうこと。
それがなによりも怖かった。
(一部省略)
気を遣ってしまったことで言えなかった言葉がある。人生が懸かっているのに吐けなかった言葉がある。言葉は感情だ。
人はそうして捨てた感情を忘れていくんだろう。映画でならそうして捨てられたものたちを掬えるはずだ。先にあげた不安はずっと消えることはない。きっと。でもキャストスタッフ全員で話し合い、それらを真摯に誠実に拾い集めること。
それが自分にしか撮れない映画に繋がると信じている。


また、この映画はクラウドファンティングにて支援メンバーを募集しているとのこと。

支援募集終了まで残り5日(9月4日現在)とのことです。

支援者への特典もあるようですので、是非、下記のサイトを覗いてみてください☆


クラウドファンティングのMOTION GALLERY


2018年秋に公開予定の「栞(しおり)」


主人公が理学療法士ということもあって、映画の制作段階から、色々とリハビリ業界でも話題になっていました。

撮影も大分の別府ということもあり、県士会の学会が頻繁に行われる会場でも撮影が行われたそうです。

大分の療法士もエキストラで集まったそうな(*_*)


監督が元理学療法士ということもあって、実際のリハビリの現場で行われているようなやり取りが期待できますね。

もう何年も前になりますが、作業療法士を目指す大学生が主役のオレンジデイズというドラマがありました。


主演が妻夫木聡ということもあり、多くの作業療法士が「おぉ!どんな風に作業療法士が表現されるのかな(?_?)」と期待をしましたが、内容は恋愛ドラマということもあり、リハビリの場面はホンのわずかでした。


オレンジデイズ DVD-BOX
妻夫木聡
メディアファクトリー
2004-09-03



ドラマ自体は結構、面白かっただけに、作業療法士やリハビリがあまり目立たなかったのが残念。

妻夫木聡、柴咲コウのドラマ「オレンジデイズ」で妻夫木聡がやっていた職業はなんですか???‐yahoo知恵袋-


ただし、今回の映画「栞」は監督の伝えたいことが、理学療法士を通して、 表現されているので、とても期待できそうです!


恋愛映画でも良い気がしますが、ヒューマンドラマとして、療法士が患者さんに接する態度や想いも映像を通して伝わるんじゃなかと思います。


個人的には、竹内結子演じる『星に願いを』の理学療法士版じゃないかと推測しています。



星に願いを。 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
竹内結子
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
2003-10-03



この映画は長期実習中に、映画館に観に行ったんですが、めっちゃ感動しました。


その時のメンタルも相当、落ちてたからだと思いますが、残りの実習を乗り越える活力にもなったので、大変思い出深いです。


映画『栞』も実習生が観たら、頑張る気持ちが再燃するんじゃないかな(?_?)


公開を早めて来年の初春にすれば良いのに…。



映画『栞』は、撮影が終わったばかりで、劇場公開まで日がありますが、楽しみにしたいですね!


理学療法士や作業療法士に興味があるという方には、療法士がどうゆう気持ちで患者さんや利用者さんに接しているのかが、熱く伝わる映画ではないでしょうか(?_?)


監督のインタビュー等もこちらのサイトにのっていますので、異色の経歴を持つ榊原監督を是非チェックしてみてください(*^^*)


榊原有佑先生−映画監督になった理学療法士(PT)−第二部 

参考元:理学療法士・作業療法士。言語聴覚療法士の働き方・学び方発見サイト



本日、NHKの教育テレビ(午後11時放送予定)のスーパープレゼンテーションにイタリアの理学療法士 アルベルト カイロ氏が登壇します。


TVで観れない方はこちらでも、観れるようです。

 


もしくはこちら

 
42 PM 















手っ取り早く話す内容を知りたい方はこちらもオススメ☆

 
 31 PM



25年間もアフガニスタンに携わり、幾度と無く、命の危険にさらされながらも、現地の人たちと共に精一杯出来る事を模索する生き方は、凄いですね。


私も青年海外協力隊でボランティア活動の経験があるんですが、自分の住み慣れた環境とは異なる中で、精一杯生きている人に出会うと、「自分に出来ることは何だろうか?」と思うんですよね。


損得関係なく、この人の役に立ちたいという想いが沸々と湧き上がる事がよくありました。


アルベルト氏もアフガニスタンに赴任した当初は、生活に慣れるのに大変だったと思いますが、徐々に生活に慣れ親しみ、人とのつながりが深まると、離れられなくなってしまったんでしょうね。


けれども、常に死と隣合わせの状態で、義肢を作成するというのは、どんな感じなんでしょうか??


現在のシリア等に比べると、比較的、安全が確保された状況で専念出来たのですかね?


多くの障害を持つ人を助け、生業を提供した話よりも、どの様な環境下で生活していたのかがとても気になりました(^^;) 


日本のセラピストでも発展途上国や外国で活躍し、多大な貢献をされている方は多くいますし、今後、スーパープレゼンテーションの様な世界的に人気のある番組に登壇される方が現れるのを期待したいですね☆

 



訪問リハビリを主な生業としている昨今、やはり、(単独型)訪問リハビリステーションの実現が望ましいですよね。


山口かずゆき理学療法士が国会議員として活躍する中、訪問リハステーションの実現に向けて、物凄く現実味のある話にまでなりましたが、あえなく、断念されたままですよね。


けども、山口かずゆき議員のホームページ等を見てみると、様々な所でリハビリテーションの地位向上に向けて尽力されているのが分かります。

25


山口かずゆき後援会ニュース



今回、日本理学療法士協会 副会長の小川かつみ理学療法士が比例代表で出馬しているのも、山口議員との関わりも大きいといえますよね。




今回、参議院選が行われているまっただ中で、群馬県で立候補している堀越けいにん作業療法士も毎日、懸命に理念を訴えているようです。





党派により考えや理念は異なるかもしれませんが、リハビリ職としての地位向上に向けた活躍は楽しみですよね。



高齢化による地域医療のシステム作りが今後の課題だと思いますが、やはり、在宅や地域でのリハビリを行える訪問リハビリの充実化と訪問看護都の差別化を図るためにも訪問リハビリステーションの創立を期待したいところです。



現在、震災復興特区として訪問リハステーションも複数あり、どこの事業所も活躍しているのが分かります。


復興特区による訪問リハビリテーション事業所をまとめてみました



総合特区に基づく特例措置としてある一定の条件のもと、千葉県柏市では柏訪問リハビリステーションが設立され、理学・作業・言語聴覚士が活躍しているようです。



総合特区に基づく特例措置(訪問リハビリ、居宅療養管理指導(歯科))について



41

柏訪問リハビリステーション



7月10日の参議院選後もまだまだ、険しい道のりですが、リハビリ職を生業とするセラピストこそ、今後も応援したいですし、活躍に注目したいと思います。

 
 


前回、市議会で活躍する作業療法士のしちおうさんの記事を書かせてもらいました。


今度は群馬県伊勢崎市で活躍する理学療法士のまにわ充裕さんのブログを発見いたしました(笑)




 35

私は誓う! 未来に責任! 伊勢崎市議会議員 まにわ充裕
  



ブログでも「未来に責任!」を合言葉に熱い想いを書いておられます。


中でも、最近まで話題になった舛添前都知事の政治資金に絡めた話等、大変興味深く面白かったです。


政治資金のお話し



他にも気になる記事はいくつかあったのですが、リハビリに関する記事は余り無い印象です。





ですが、地域ケア会議が始まる前年度から地域ケア会議の在り方について熱心に取り組まれていたり、伊勢崎市の住民の方に寄り添い、問題解決に向けて努力される記事はとても参考になりました。



自分の住んでいる地域に理学・作業療法士がいたらどれだけ心強いだろう。と思います。




まにわ充裕さんの事をもっと知りたい!


応援したい!



という方は、ブログよりもフェイスブックの方がより頻回に更新されているとの事でした。



注意事項を確認し、友達申請するのもアリですね☆




まにわ充裕 フェイスブック



 

↑このページのトップヘ