理学・作業療法士の多くが介護分野で仕事をしていると、住宅改修に関わる機会ってあるんですよね。


特に新規の利用者さんが退院するにあたって、住宅改修を検討している。入院先の担当療法士と共に住宅改修の検討に立ち会って欲しい。なんて依頼は度々あります。



新規の利用者の場合、状態については入院中に担当している療法士の方がよく理解しているはずですが、退院後は訪問リハビリに完全、移行する場合などは、やはり責任重大といえますよね。


なので、私的には状態に応じて、退院前の住宅改修は最低限行い、必要であれば、退院後の生活に慣れてから再度、住宅改修を行う事を案として提示しています。


入院中の移動レベルが車椅子介助だった人が、手すりをつたえば、何とか歩けたってケースは多いですからね。



下手に何でもかんでもバリアフリーにしてしまうと、残存機能を発揮出来ない状態に陥ってしまいます。

けれども、逆も然りで、退院時に十分な改修をしなかったせいで、介護者の負担が大きく、施設に入所せざる負えなくなった。なんて事もあり得る話です。


その為、我々、在宅に関わる療法士はある程度の住宅改修や福祉用具の知識と実際の使い勝手を理解しておくべきといえます。


そんな中、Reha bank 代表 久保田 好正 さんの活動がとても参考になるんです。


まずはプロフィールから

 リハビリテーション専門病院に10年間勤務。その後、同グループの訪問リハ事業所の立ち上げ特別養護老人ホーム、老人保健施設、デイケア、有料老人ホームでの勤務など、高齢者リハをほぼ網羅。在職中は、自立支援コンサルティングの元となった病院や施設のスタッフと協同で車いすやシーティングシステムの開発を行う。また、地域広域支援センター等でケアマネージャーや介護福祉士を対象の研修会の企画・実施・講演等を担当。

 同時にバリアフリーのもとにある建築を学ぼうと、働きながら京都造形芸術大学の建築デザイン科に入学、建築や空間のゆたかさを知る。二級建築士を取得

 2008年、リハビリテーションの視点と技術で高齢社会を面白くする事業を立ち上げたいと独立。介護施設の自立支援コンサルティング&セミナー、訪問型介護予防事業の転ばぬ先のリハビリ相談、地域で活動する専門職向けの実戦セミナーなど、従来の枠を超えた次のケアをつくる活動を展開している。
 



住宅改修を軸に様々な関連事業を立ち上げてらっしゃるようです。

中でも、久保田作業療法士の代名詞 ともいえる、解体住宅で学ぶ住宅解剖論。


キャッチコピーも良くて、


日本初+唯一。超実践研修会。というだけあって、

内容とそこから学べる知識と経験値は計り知れないように感じられます。

19

 住宅解剖論の授業の一コマ。理学・作業療法士で壁を木槌で破壊した事がある人はそういない・・。



私達、リハビリ職は住宅改修の際に患者さんや利用者の動線や介護者の介護のしやすさ等については的確なアドバイスが出来ますが、家の構造を理解した上でそれらを行えているかは疑問が残ると思います。


つい簡単に立ち上がりができるからここに手すりをつけましょう!等と言いがちですが、梁の構造等によって容易では無いんですよね。

やはり、きちんとした提案をする為にも施工業者の立場を理解した提案を行う必要がありますよね。


住宅解剖論の授業に参加された方の感想で大変興味深い言葉があったので、転記します。




現場での実物の確認をすることで、自分の頭の中のイメージとの違いに気づけました。また、体験することで今まで見たことのない壁の内側(特にお風呂場)の構造を理解できました今後の仕事に、十分役立つと思います。
 

 家がどのような過程で作られているのかを理解していなかったので、とてもわかりやすかったです。家を構成している柱の名称と役割をもっと詳しく知ることで、住宅改修のアドバイスをする際、無理のない提案ができるのではないかと思いました家に帰ってから、また色塗りして勉強します。

住宅解剖論以外にも様々なセミナーも行われているようです。


理学・作業療法士の知識と経験を活かした保険外の仕事として参考になると思いますので、ご興味のある方は是非、一度覗いてみて下さい☆



00


        Rehabank トップページ