だんだんと朝晩が涼しくなってきましたね。


私の住む地域はまだまだ日中は熱くて30度を超える日が続いています。


訪問リハビリにて屋外移動の練習を行い、体力の維持を図っていた利用者さんも、暑さの為に屋外に出られず、だんだんと活動量が低下してきてしまった方がいました。



普段から昼以降は水分を摂らない人なだけに、炎天下を歩き回るとすぐに熱中症になってしまいます。


けれども、ご本人は「歩かないとよる眠れない!」の一点張りで、フラフラになりながら、外を歩くという事がありました。


ご家族から、家で歩く練習の代わりになる良い方法はないか(?_?)との相談があり、他の利用者の方にも好評だった、ペダル漕ぎを準備しました。






ネットでみると、種類も色々とありますが、タイマー等がついていない簡易的な物で十分です。


Px-one イエロー
ユーキ・トレーディング
2012-12-01


安いのからまぁまぁ値段がするのまで試してみましたが、こちらの商品が一番土台も安定していて、見た目もオシャレで良かったです。


ただ、試しに買うには5000円近くしましたので、長く使って頂ける方に良いかもしれません。



 これだと、2500円位だったので、お試しであれば、十分です。

私の経験上、土台がやや傾き、ペダルを漕ぐとグラグラ揺れるので、底にバスタオルを引いてもらっています。

「すぐに壊れたら困るなぁ。。。」と思っていましたが、毎日30分程使われる方でも1年使っておられますが、問題無いそうなので良い買い物でした。



外を歩くことで体力や気持ちの安定化を図っている方にとって、ペダルを漕ぐのみの運動は少し、物足りないようですが、実際に始めてみると、テレビを観ながら出来るので良かったそうです。


暑い中をフラフラになりながら、歩かれるのは介護者にとっても、心配ですし、暑い間や寒い季節は屋内で運動できる方法を提案できると喜ばれますよ(^o^)


ただ、水分を摂ろうとされない事は変わらず悩みの種ですが…。