先日、リハビリの学生時代に経験にしておくと、就職してからも役立つ事を紹介しました。

参考記事:理学・作業療法士が学生時代にしておくと就職してから役立つアルバイトについて☆

その中でフリーマーケットのブースに相談コーナーを設けて、訪れた方の悩み相談を行う話を書いたんですが、これって、個人で行うにはちょっと勇気がいりますよね。



そんな方に是非、観てもらいたいのが、北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みなんです。


      健康増進教室・スポーツ障害予防教室の様子をお知らせします


この学院では「学院開放事業」という名称で、地域の中高年の方を対象に月に1〜2回体力測定と運動指導を行っているそうなんです。しかも、学校の先生が直接ですよ!

そして、学生さんにも参加してもらう仕組みなので、

座学で学ぶ、地域リハビリテーション学を実践で体感できる様になっている
ですね。


syuuryou-kenkou320160926

画像引用元:北海道千歳リハビリテーション学院 キャンパスニュース



地域ケア会議や総合支援事業等を通して、リハビリ職も運動指導等を行う機会がありますが、病院に勤務だったりすると、中々、参加出来ないと思います。


けども、住み慣れた地域でどっぷりと浸かって、訪問リハビリなり通所リハビリなりをしたいと少しでも思う学生は、早い内に経験しておくに越したことは無いと思うんです。


これらの経験をしておくと、急性期の病院等で勤務しても、病気になる前の状態が想像しやすくなるし、退院後の生活に関しても意識する視点が養われるはずです。


我々、リハビリ専門職は地域の人々と交流する機会を自ら設け、地域で求められている事は何か?を体感する必要がある事を学生の時から経験できる、北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みは画期的何じゃないでしょうか?


そして、学校の先生が率先して、地域の方と接し、相談・援助を行う姿勢は、就職して、経験を積む程に、役に立ちそうですよね。


他にも学院祭ではフリーマーケットや地域の方を対象とした発表等の取り組みがあり、地域の子どもから大人まで楽しめる上、共同作業所及び支援センターの方に手作りの商品を販売してもらう等、リハビリ職だけでなく、多職種としての連携が感じられます。


先日、大分県の日田市で行われた第一回日田リハビリサミット北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みが、一部の地域だけではなく、全国規模で行われる気がします。


参考記事:第一回日田リハビリサミットは療法士必見の内容☆


 地域での保険外事業を考えている人にはこれらの取り組みが参考になるのではないでしょうか??

興味がある方にはおススメですよ☆