2018年秋公開予定の「栞」


理学療法士の経歴を持つ、榊原有佑監督の渾身の一作です。


今年の6月の時点でクランクアップしており、来年の秋公開と言うことで、リハビリ職の私としても大変待ち遠しいです。


そんな中、栞とは別に理学療法士が主演の映画、「嘘とホームラン(仮)」の制作が始まるそうです。


どんな映画なのか、調べてみると、
今回の映画の舞台は、「急性期を過ぎてから、一定期間入院し、1日2~3時間の集中的なリハビリを実施して、低下した能力を引き上げる」”回復期リハビリ”の病院にしました。疾患ごとに国から60日〜180日間とそれぞれリハビリ期間が決められてしまっていることで、退院までの決まった時間内でベテラン療法士と同じ成果を出せず、責任・プレッシャーを感じる、回復期リハビリ担当の新人理学療法士(Physical Therapist、略してPT)と、彼女を取り巻く人々を描くことにしました。



引用元:宇野愛海主演×佐藤快磨監督の回復期リハビリについての短編映画


内容から、新人理学療法士の日々の葛藤と経験を基に成長していく様子が見れそうですね。



また、撮影場所も本当の回復期リハビリ病棟とのこと。


回復期リハビリの病院から取材協力・脚本監修・現場監修の全面協力を得、3月7日に病院のリハビリ部長の他、リーダー2人、1年目・2年目の合計5人の理学療法士、作業療法士に取材できることになったので、普通だったら脚本が出来てから脚本を提出して役をオファーするものなのに、主演の宇野愛海さんにも取材に同席して頂き、「悔し泣きをしながら話す療法士さんの話を実際に聞き、退院までのリミットがある”回復期リハビリ“の療法士にのしかかるプレッシャーを肌で感じて頂き、今後の役作りに役立てて頂く」という普通の映画製作ではできない贅沢をすることができました。

                                        引用元:同上


回復期リハビリ病院の全面協力ってすごくないですか?!

しかも、きちんと現場に取材に行き、療法士の現状を知るという点が監督の真面目さと映画を作る段階での意気込みを感じます。


別記事にも書きましたが、療法士の視点からみるとどうしても、映画やドラマで出てくる療法士の存在に違和感があって、しっくり来なかったんですよね。



オレンジデイズなんてその代表ともいえる内容ですから。



オレンジデイズ DVD-BOX
妻夫木聡
メディアファクトリー
2004-09-03




それにしても、取材を受けた療法士の方が羨ましいですね!

自分の実体験が映画化されるなんて、最高じゃないですか?

そして、多くの実習中のリハビリ学生さんには是非とも観て欲しい。


実習中の悩みと映画の内容が必ずリンクして、「悩みながらでも、頑張れば良いんや(*^^*)」って気持ちにさせてくれるはずです。



最後に、監督のコメントがとても実直で、映画への意気込みが感じられるので引用します。
「回復期リハビリテーション病院を舞台に映画を撮る。このお話をいただいたとき、正直不安しかなかった。家族もみな至って健康、リハビリの経験すらない自分が、この映画を撮る意味。人生が一瞬で変わってしまった人たちに対して、部外者が踏み込んでいく傲慢さ。そして感動とかそういう言葉に流され、都合のいいことばかりを並べた、どこかで見たことのある映画を撮ってしまうこと。
それがなによりも怖かった。
(一部省略)
気を遣ってしまったことで言えなかった言葉がある。人生が懸かっているのに吐けなかった言葉がある。言葉は感情だ。
人はそうして捨てた感情を忘れていくんだろう。映画でならそうして捨てられたものたちを掬えるはずだ。先にあげた不安はずっと消えることはない。きっと。でもキャストスタッフ全員で話し合い、それらを真摯に誠実に拾い集めること。
それが自分にしか撮れない映画に繋がると信じている。


また、この映画はクラウドファンティングにて支援メンバーを募集しているとのこと。

支援募集終了まで残り5日(9月4日現在)とのことです。

支援者への特典もあるようですので、是非、下記のサイトを覗いてみてください☆


クラウドファンティングのMOTION GALLERY