本日、自宅に帰ると今年度の九州理学・作業療法士合同学会(鹿児島開催)の抄録集が届いていました。


さっと目を通しただけでも、シンポジウムの講演者の方々は、全国的に名のしれた方ばかり。


中でも、介護・生活分野のシンポジストは起業系セラピストの3名が揃う訳だから、将来的には自分で起業したいセラピストにとっては興味深い話が聞けるのではないかと思う。


それでも、最近の起業家セラピストの動向をみると、保険外でのサービスへと移行しているケースが多いように感じる。


その中でも川本 愛一郎作業療法士が運営している、

介護保険外旅行事業

介護保険外地域交流事業

介護保険外予防事業

の3本柱は介護保険からの卒業後に必要なサービスとして注目されていく気がしますね。


また、川本作業療法士はご自身の会社のホームページでも積極的に過去の執筆文献を無料で公表されているので、シンポジウムに参加する前に読んでおくと話が理解しやすいですよ☆


川本 愛一郎作業療法士 執筆文献(pdf)


また、以前にも別記事で紹介しましたが、訪問リハビリを新たに立ち上げたいと考えている方は、こちらの文献がとても参考になります☆

私も熟読し、この資料を基に自分の住んでいる地域での訪問リハビリを開設する資料を作りました☆


20 PM




川本愛一郎作業療法士の人柄・仕事への熱意はとても良い刺激になりますので、是非、検索してみて下さい☆