田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

田舎で訪問リハビリ事業所を開設し、7年目になりました。開設当初から様々な壁に直面しながらも、ここまで続けることができました。収益は月に100万円以上を目標にしています。(一人職場)
訪問リハビリを始めたい方、収益アップを図りたい方、日々の業務に悩んでいる方など、訪問リハビリに関する私の経験談を主として情報を発信しています。私の経験があなたの役に立てば幸いです(^^)/

タグ:アドバイザー

一般社団法人 日本作業療法士協会のホームページにて病院や施設とは違うフィールドで活躍する作業療法士の紹介コーナーがあります。



こんなところで!作業療法士 


10



今回は、介護ショップで活躍する作業療法士の船谷さんの記事について読んでみました。



住まいから考え、支援する「その人らしい暮らし」 




15年以上前から作業療法士の特性を活かして介護ショップで勤務されているとの事なので、当時を考えると珍しいケースだったのではないでしょうか?


文中にも書かれていますが、実施に利用者の居宅に訪問する事で気づくことって多いんですよね。



けれどもその課題に対して作業療法士としてでは、対応出来ない事も多々あります。



手すりの位置等についてはアドバイスが出来ても、壁を壊したり、水が出る場所の変更等が出来る作業療法士はいないと思います。



そんな中で、作業療法士がアドバイザーとして建築士や関連職種に生活をより良くするための工夫について指導出来ると、疾患や障害に応じた環境づくりができるんですよね。



作業療法士の知識と経験を活かして、福祉用具の選定や住宅改修に関われる仕事は今後も増えていく気がします。


また、そんな作業療法士と一緒に利用者の居宅を訪問できれば、鬼に金棒ですよね。



企業に就職するに至った経緯や仕事への想いなど大変、面白い内容でした☆



オススメですよ(^o^)
 

地域ケア会議を推進している市町村は全国的にも少ない状況だが、今後は年々、増加し、介護サービスの抑制が強調されると言える。

だが、病院勤務であったり、市によっては全く取り組んでいない所もある為、地域ケア会議について詳しくは知らないという療法士も多い。

私自身も地域ケア会議について全く、不勉強だったが、定期的に参加する事で、このまま何もしないと、どんどん職域を狭まれ、リハビリのサービスがケアプランに取り入れられなくなる。と不安を感じている。


大分県の杵築市や埼玉県の和光市では積極的に取り組んでいる事も知られている。


今回は、地域ケア会議について療法士向けに説明がされている資料があったので、添付したい。


大東市保健医療部高齢支援課 理学療法士 逢坂伸子氏 作成

個別地域ケア会議にセラピストとしてどう参加するか
 (PDF)

P40の問いかけ的を得ているので「ドキッ!?」とする、セラピストも多いと思われます。
 

↑このページのトップヘ