田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

カテゴリ: 雑記



本日、自宅に帰ると今年度の九州理学・作業療法士合同学会(鹿児島開催)の抄録集が届いていました。


さっと目を通しただけでも、シンポジウムの講演者の方々は、全国的に名のしれた方ばかり。


中でも、介護・生活分野のシンポジストは起業系セラピストの3名が揃う訳だから、将来的には自分で起業したいセラピストにとっては興味深い話が聞けるのではないかと思う。


それでも、最近の起業家セラピストの動向をみると、保険外でのサービスへと移行しているケースが多いように感じる。


その中でも川本 愛一郎作業療法士が運営している、

介護保険外旅行事業

介護保険外地域交流事業

介護保険外予防事業

の3本柱は介護保険からの卒業後に必要なサービスとして注目されていく気がしますね。


また、川本作業療法士はご自身の会社のホームページでも積極的に過去の執筆文献を無料で公表されているので、シンポジウムに参加する前に読んでおくと話が理解しやすいですよ☆


川本 愛一郎作業療法士 執筆文献(pdf)


また、以前にも別記事で紹介しましたが、訪問リハビリを新たに立ち上げたいと考えている方は、こちらの文献がとても参考になります☆

私も熟読し、この資料を基に自分の住んでいる地域での訪問リハビリを開設する資料を作りました☆


20 PM




川本愛一郎作業療法士の人柄・仕事への熱意はとても良い刺激になりますので、是非、検索してみて下さい☆
 



slideshareでのリハビリ関連のものはまだまだ少ないですが、今回、面白いスライドを見つけました。




17


乗馬療法の効用-右片麻痺者の理学療法への適用例- 



タイトルからして興味がわきません?



乗馬セラピーというと、乗馬によって得られる感覚刺激が脳機能にとって良い刺激となり、感情面での変化が期待される。。。的なものだと思い込んでいたので、今回のスライドをみて身体面への変化が期待できる事は治療の幅を広げる為にも有意義な研究だなと思いました。


私もエジプトに滞在していた時に、時々乗馬をしていたのですが、結構、馬の背中に乗るのって怖いんですよね。

そして、私の言う事なんて全く聞かないんですよ。隣でムチを持っている主の言う事には即座に反応するんですが(笑)


けれども、馬が歩く一定のリズムは慣れてくると心地良くて、馬の動きに自分自身の身体を委ねるようにリラックス出来ると、恐怖感はなくなるんですよね。


そういう意味では片麻痺の方の不安定な姿勢からの過剰な緊張は和らぐ効果が期待できるし、リズムに合わせて身体を動かすことで、無意識にバランスを取る動作が可能になるのかもしれません。


また、乗馬による訓練が徒手的な訓練と比較してどの程度の差があるのかを知りたいですね。

もし、同じ20分の訓練時間で同等の効果が得られるのであれば、楽しみながら出来る乗馬での訓練の方が好まれるかもしれません。



また、乗馬フィットネス機器でも同様の効果が得られるのか気になりますね。








訓練の前後にジョーバをしてもらい、トイレ動作訓練や入浴動作訓練を行うと乗馬療法と同程度の効用があれば、最高じゃないですか?!


既存の徒手療法にとらわれず、様々な方法で効果が出せる〇〇セラピーが増えたら、より生活に着目した介入が出来るかもしれませんね☆



 



最近、活動量があがってきた利用者さんにこんな相談を受けました。


外で野菜作りを開始したけど、中腰や屈みながらの作業が辛い。

なので、膝をついて作業をしていたら、地面の石ころやアスファルトに擦れて痛い。


これだと作業が出来ない。どうしたら良いやろか?

とのこと。



とりあえず、膝への衝撃を防げれば何とかなりそうだったので、100均で売っていた膝サポーターを購入し、試してもらいました。


地面に擦れる痛みは減ったものの、膝をアスファルトについた際の荷重による重みが辛いとの事。


薄いので装着時の違和感は無いようですが、膝を保護する機能としては不十分だったようでした。


なので、丁度、Amazonが秋のセール期間中だったので、膝サポーターを検索してみると、

こんな商品があったんです。



 

単品で257円(平成28年9月24日現在)2つで500円ちょっととお試ししてみるには安価だと思い、早速購入してみました。



55



マジックテープで固定するタイプなので、指の把持力が弱い方でも装着が容易かもしれません。

(相談をされた方がサポーターだと引っ張りあげれないとの事だったので)


用途をみてみると、ガーデニングや床掃除等に役立つ用品のようなので、屋内外問わず使えそうです。

別の記事でも書きましたが、屋内を這って移動する方が歩いて移動するよりも安全で適する場合があるので、四ツ這い位にて移動をされる方にもおススメかもしれません。

畳を這うのはまだ楽ですが、板間等は膝に負担がかかりますからね・・・。


田舎だとホームセンター等に片道30分かけて探しに行っても、欲しい品物が無い事がしょっちゅうなので、Amazonや楽天のようにネットで購入できる商品は重宝しますね。


 



病院での入院患者さんに対してリハビリを行う上で、「ナースコールが押せない問題」に対して相談を受けた事、ありません?


患者さんによっては、ナースコールは命綱としての役割を担っている事も少なくありませんよね。


入院中の夜間などにナースコールを押さずに(押せずに)、独力でトイレまで歩き、途中で転倒してしまった・・・。


療法士であれば一度は聞いたことがあると思います。


私自身も病院に勤務している時に、ナースコールの操作性に関してよく相談を受けました。


やはり、病棟でのADL/IADLを向上する為にも状態に応じてナースコールの操作性の獲得は重要な訓練項目となり得ます。


けども、可動域や筋力を向上するだけでは、ナースコールの操作性向上には繋がらないケースがほとんどなんですよね。


つまり、ナースコールそのものの形状が問題となっている。


私が勤務していた病院は大手のアイホンを採用していたので、ナースコールについて色々と調べることから始めました。


ナースコールも種類が豊富で普段、病棟にあるのがハンド型小機で下記の様なタイプ主だと思います。


43
 

また、ナースコール大手のケアコムも、アイホンと同じく、重症者・身体機能障害者向け子機 として幅広くナースコールを取り扱っています。


33


従来のナースコールの子機に接続して使えるので、状態に応じて取り替えられるというのが良いですね。



握力が弱い方や頸損の不全麻痺の患者さんに、アイホンやケアコムの取り扱い業者に連絡して、試用で使わせてもらったりしました。



その場合はお試し期間や返却方法等、受け取り先を電話で話すだけで、簡易に借りれました。


実際に使って見ることで、病棟の看護師や介護士も単一的なナースコールでは十分に対応できない事が分かりますし、病棟での必要物品として購入してもらえる事もあります。
(私の所も呼気式と手以外で操作するタイプを購入してもらいました。)



創意工夫して、ナースコールが押しやすくする方法もありますが、まずは、上記の様にナースコールも様々な種類がある事を知り、お試しで使って見られる事をおススメします。


実際に使うことで、現場での問題意識も高まりますからね☆




 


リオパラリンピックの開会式盛大に行われましたね。


私的には大分県出身の女子走り幅跳び中西麻耶選手と福岡県出身のゴールボール 浦田理恵・安達阿記子・小宮正江・若杉遥選手を応援しています☆


特にゴールボールに関してはその始まりとされる歴史がリハビリテーションプログラムの一つだったという事からも、リハ職にとって興味深いですよね。



ゲームの内容もシンプルで分かりやすいんですが、音だけを頼りに巧みな攻撃をしかける様はとても面白いですよ☆








こちらの記事にゴールボールの内容や選手のインタビューが詳しく載っています。

Can’t stop Thinking


ゴールボール 9月9日~17日

ゴールボール「女子予選」対イスラエル9日(金)13:05~15:00<NHK総合>放送予定(録画)
ゴールボール「女子予選」対ブラジル10日(土)13:05~15:00<NHK総合>放送予定(録画)
ゴールボール「女子予選」対アメリカ12日(月)4:00~5:30<NHK総合>放送予定(録画)
ゴールボール「女子予選」対アルジェリア13日(火)13:05~15:00<NHK総合>放送予定(録画)
 

↑このページのトップヘ