田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

カテゴリ: 雑記



市区町村に裁量が委ねられる総合支援事業が着々と浸透している事を感じるこの頃です。


国も介護費用の抑制が図れた市町村にインセンティブを与える事を公にしましたし、これからの介護保険下でのリハビリサービスはより、自立支援に向けた明確な取り組みの有無で評価されると思われます。


私も今までに何度も介護予防者の方の地域ケア会議に招集され、訪問リハビリ・通所リハビリの明確な目標とそれに対する取り組みを問われました。


何を持って自立支援というのかは各々の考えがあるかもしれませんが、とりあえず、セラピストが関わるからには出来る事を増やし、介護度を下げる必要があるようにとの事だといえます。


そんな中、全国を飛び回っている佐藤孝臣作業療法士の講演を何度か聞く機会がありました。

佐藤作業療法士の凄い所はセラピスト以外にも行政職員、介護士、看護師等、色々な職種の方に
対して危機感を持たせる事に長けている様に思いました。

そして、共通課題を設け、具体的に解決するためには各々がどの様に行動すべきかを説いておられます。


特にリハビリ職には生活課題を明確にし、そこにアプローチするという基本だけども、実際には不十分な点を鋭く指摘され、解決策を呈示されています。


今のままだと大変な事になる。すぐに考え方を変えないと。。。

といった感じです。


そして、講義の中で自立支援を図るために何を見るべきか?どの点に介入するのか?が明確なんですよね。


それをご自身が運営している通所介護施設で実践されているので、やる気さえあれば、誰でも真似できる形になっているんです。(今年からは訪問看護ステーションも開設されたようです。)


私も今までに数回、佐藤作業療法士の話を聞く機会があったんですが、毎回、講義の後は下を向いて気力無く会場を後にしています。笑


というのも、今の職場環境では、どちらかというと自立支援に向けた取り組みが不十分だと分かっているからなんですが…。



次期、介護保険改定に向けた部会等でも積極的に発言されており、佐藤作業療法士の意見が反映されていく事は間違いないといえます。


是非とも、自立支援に向けた取り組みをいち早く情報として取り入れ、実践したい方は早々に講演に参加される事をオススメします。


以下に佐藤孝臣作業療法士(主に地域包括ケア・自立支援関連)に関するまとめを添付しますね。

講演会に参加される前に予習しておくと、頭に入りやすいですよ☆


 第18回福岡県作業療法学会 基調講演


デイサービス楽

自立支援ヘルパーマニュアル(一部)


杵築市における地域包括ケアシステムの取り組み


大分合同新聞 掲載記事


大分県における地域ケア会議普及にかかる市町村支援 |地域ケア会議


追記:日本作業療法士協会会員向けの協会誌も総合支援事業についての実践報告が載せられています。

特に今月号(2017年6月号)では「総合事業5分間講読」という形で、有限会社なるざ 谷川真澄作業療法士の取り組みがあげられていました。

見開き1ページ分にビッシリと文字と総合支援事業について知識が無い人には意味不明な図があります。笑

これを5分で読んで、内容を理解できるのは佐藤孝臣作業療法士くらいじゃないかと思うくらい、濃い目で常人では真似出来ないレベルに達しています。

けども、この見開き1ページを総合支援事業に携わっているもしくは、地域ケア会議等に頻繁に招集されている療法士は必読だといえます!


私のように、介護保険下で訪問と通所リハビリにどっぷり浸かっている療法士にとって、今後の市町村の動向はいち早く理解しておきたい。

そして、できれば、自分も市町村の取り組みに参画し、存在意義や価値を広めたいと思う療法士にとっては、必ず参考になると思いました。


興味がある方は、職場の同僚に頼んで見せてもらうのもありです。


いつも思うんですが、こうゆう取り組みを、無料で大々的に発信するべきだと思うんですけど、ネットでは見つかりづらいんですよね…。


また、情報があれば更新していきたいと思います(^o^)


今回の熊本地震を機に、「災害 リハビリ」 で検索すると、


下記のマニュアルを見つけることができました。


リハビリ3団体を含め多くの団体が連携して、災害リハのマニュアルを作成し、日々、模索している事がよく分かる内容でした。


これから、災害に対して事前準備を含めて対応を考えたい方にも、参考になると思います。


大規模災害リハビリテーションマニュアル(PDF) 



特に災害時の通所施設の役割という項は通所リハビリ施設で兼務する私にとっても、大変参考になりました。(P83〜P85)


特に通所施設が避難場所として長期化する際に、起こりうる生活不活発病に対するアプローチに関しても記述されています。




通所リハは医師が在籍しているという点でも、通所介護施設よりも医療・介護両面での支援が求められ、機能的な環境を有しています。



利用者のみならず、高齢の避難者の為にも生活不活発病に対する関わり方は意識しておく必要があります。


下記のサイトにて大川弥生先生が、


災害時の高齢者・障害のある方への支援


として、高齢者への配慮と生活不活発病の予防の重要性ついて述べられています。



厚生労働省からは生活不活発病による生活機能低下

予防の啓発ポスターやチラシがでています。


在宅生活者用チラシ・チェックリスト(PDF)


避難所用ポスター(PDF)



※昨日(平成28年11月22日)、東北地方にて5年前の震災の余震がありましたね。

朝からTVやラジオで津波警報の発令や避難勧告が必死に行われていました。

今一度、私達、療法士も災害時のリハビリテーションとして、どの様な役割を担えるかを見つめなおす機会になると思います。


上記の大規模災害リハビリテーションマニュアルは、リハビリ職の災害時の在り方について詳細に記載されています。



 
 


メイクセラピーについてネットで調べていたら、いつの間にか、ステッキアーティスト楓友子(ふゆこ)さんのブログに辿り着きました。

 
 Knock on the DOOR 

最近よく耳にする、BASEで販売をされているようです。

31 PM
 


カラフルな杖から落ち着いた柄の杖まで、幅広く制作されているようですね。

杖の形状が2パターンで柄は異なるようですが、形は似ているので、既成品の物に装飾をされているのでしょうか?

けれども、一つ一つの杖の装飾を手作業で行われているようなので、作成にかかる日数は結構、かかりますよね。


介護ショップとかで売っている杖でも最近は、カラフルな色合いの物も増えていますが、どうしても大量生産された物ばかりで、特別、目を引くものは無いですよね。


DSC00453
 
画像引用元:rehatora.net 

上記の様に100均でも杖が買える時代なので、安価で最低限の機能で良ければ、あえて高級品を選ぶ必要は無いのかもしれません。

けれども、杖をファションの一つとして取り入れて、服装や鞄を合わせたい場合等は、どうしても味気ないですよね。

何故か杖=木目調の印象が強く、逆に既成品のカラフルな花柄模様などは違和感を感じてしまいます。



杖の写真を見ていて思ったのですが、グリップの部分が黒か茶色等の単色系で棒の部分(シャフトといいます)のみ花柄だとやはり、違和感がありますよね。


この点に関しては、こちらのサイトにて楓友子さんも違和感を感じた事を話されています。


杖を自分好みの物に変えるだけで外出への意欲が高まる


これって、リハビリの時も意識しておくべき大事な事だなと改めて感じました。

 
利用者さんの想いを考慮して、機能性もデザインも適したものを提案する。

「正しく使えているか」「メンテナンスはできているか」と同じ位、「杖を使う事をどの様に感じ、気に入っておられるか」も考えた方が良いですよね☆

そう思うと、杖以外の歩行補助具も色々なデザインがあれば面白いのかな?

歩行器やセニアカー等もまだまだ改良の余地がありそうですよね!?

余談ですが、山間部等ではセニアカーを使用される方が増えているようです。

田舎では特に軽トラの代わりにセニアカーで駆け回る人も多いでしょうからね。

軽トラを中々、手放せない方には軽トラ風のセニアカーを紹介するのはどうでしょうか??

需要がどこまであるかは分かりませんが、ステッキアーティストの楓友子さんのお陰で、画一的なものではなく、個性と好みを意識したモノづくりの重要さを教えて頂けました。

是非、ご興味がある方は上記サイトを覗いてみてくださいね(^o^) 


去年の、10月30日に初めてブログに記事を載せてから、1年が経ちます。

主に訪問リハビリに関する内容について、悩む事や今後の方向性について持論を述べてきました。

そんなブログを読んで下さった方から、「参考になりました」「元気をもらいました」「紹介して下さって嬉しかったです」と好意的なコメントをくれる方が多く、私自身が驚いています。


以前からネットで情報収集をするのが好きで、ブログやらサイトやらを良く閲覧していたのですが、いざ、自分が情報を発信する側になると、

「情報を発信する難しさ」を感じますね。

読みやすくて、参考になるサイトは、細かい所まで読み手の側に立っているんですよね。


リハビリ関連のブログでも月に30万pv以上の閲覧があるサイトもチラホラあるので、これからも文章や内容に磨きをかけて、多くの人に読んでもらえるブログにしたいと思います。



ただ、介護保険下でのリハビリの難しさを感じる日々で、ちょっとナーバスになっています。


忙しい毎日に慣れてしまったせいか、少し時間が出来ると不安になってしまうんですね。


そんな時にブログを読んで下さった方から頂いたコメントを見ると、元気がでます(*^^*)


私も中々、普通じゃない経歴だと勝手に自負しておりましたが、なんのなんの世間はまだまだ広いのを感じます。

特にリハビリ職は面白い人が沢山いて、知らない所で色々な取り組みをしています。

将来的にリハビリ職も保険外での関わりが必ず必要になるので、その時に備えて、多くの方から学び、吸収した事を、ブログを通して発信していければと思います。

もし、「田舎でリハビリ」を訪問してくださった方で、面白い取り組みをしている療法士がいたら、是非、紹介して下さい(^o^)

今後とも、よろしくお願いします☆☆☆


先日、リハビリの学生時代に経験にしておくと、就職してからも役立つ事を紹介しました。

参考記事:理学・作業療法士が学生時代にしておくと就職してから役立つアルバイトについて☆

その中でフリーマーケットのブースに相談コーナーを設けて、訪れた方の悩み相談を行う話を書いたんですが、これって、個人で行うにはちょっと勇気がいりますよね。



そんな方に是非、観てもらいたいのが、北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みなんです。


      健康増進教室・スポーツ障害予防教室の様子をお知らせします


この学院では「学院開放事業」という名称で、地域の中高年の方を対象に月に1〜2回体力測定と運動指導を行っているそうなんです。しかも、学校の先生が直接ですよ!

そして、学生さんにも参加してもらう仕組みなので、

座学で学ぶ、地域リハビリテーション学を実践で体感できる様になっている
ですね。


syuuryou-kenkou320160926

画像引用元:北海道千歳リハビリテーション学院 キャンパスニュース



地域ケア会議や総合支援事業等を通して、リハビリ職も運動指導等を行う機会がありますが、病院に勤務だったりすると、中々、参加出来ないと思います。


けども、住み慣れた地域でどっぷりと浸かって、訪問リハビリなり通所リハビリなりをしたいと少しでも思う学生は、早い内に経験しておくに越したことは無いと思うんです。


これらの経験をしておくと、急性期の病院等で勤務しても、病気になる前の状態が想像しやすくなるし、退院後の生活に関しても意識する視点が養われるはずです。


我々、リハビリ専門職は地域の人々と交流する機会を自ら設け、地域で求められている事は何か?を体感する必要がある事を学生の時から経験できる、北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みは画期的何じゃないでしょうか?


そして、学校の先生が率先して、地域の方と接し、相談・援助を行う姿勢は、就職して、経験を積む程に、役に立ちそうですよね。


他にも学院祭ではフリーマーケットや地域の方を対象とした発表等の取り組みがあり、地域の子どもから大人まで楽しめる上、共同作業所及び支援センターの方に手作りの商品を販売してもらう等、リハビリ職だけでなく、多職種としての連携が感じられます。


先日、大分県の日田市で行われた第一回日田リハビリサミット北海道千歳リハビリテーション学院の取り組みが、一部の地域だけではなく、全国規模で行われる気がします。


参考記事:第一回日田リハビリサミットは療法士必見の内容☆


 地域での保険外事業を考えている人にはこれらの取り組みが参考になるのではないでしょうか??

興味がある方にはおススメですよ☆
 

↑このページのトップヘ