田舎でリハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ運営のコツ・日頃心がけていること、今後のリハビリ業界の動向とそれに対する考察を、日々の経験から書き綴っています。田舎暮らしの良さも紹介していきます☆ 「田舎でリハビリの仕事なんてあるの?」と言われ、早数年。 最初こそ職場探しに難渋したものの、今では田舎こそリハビリ職が求められ、活躍出来る場所だと確信しています。 訪問リハビリ,デイケアで役立つ技術、これからの働き方を独自の視点から発信中⭐

カテゴリ: 診療報酬改定

来年度の診療報酬改定では、回復期リハビリ・維持期リハビリに焦点を当てた改定になっている。

国が推進している、地域包括ケアの浸透に向けて在院日数を減らし、在宅でのケアをより強固なものにしたい。というのは分かるが、毎回の改定で、大幅に変更を余儀なくされる為、治療に専念したい人程、ストレスを感じるだろうな…。

私的には医療・介護改定の度に地域へのリハビリへ移行する人が増えるので、嬉しくもある。

今回もオススメしたいのが、デイサービスでのアルバイト。つまり、療法士としてデイサービスで、機能訓練加算を算定するのが、デイサービス利用者にとっても療法士にとってもプラスになる事をお伝えしたい。

デイサービスで機能訓練を行う場合、利用者の自立支援を目的として、行なうのが、前提となっている。

つまりは、筋力増強や、移動訓練を行いつつも、ADL/IADLが向上する取り組みをしなさいという事。

ただ、病院とは違い、機能訓練加算Ⅱであれば、小集団での訓練が可能なので、利用者の能力や目標別にグループを分けて、訓練が行える事は療法士にとっても貴重な経験になるといえる。

デイサービス運営の管理者や介護士にとっても、自立支援に向けた取り組みをリハビリの視点を取り入れて学ぶ事が出来るので、今後の介護報酬改定に向けた準備としても、非常勤を雇用するメリットは大きい。

回復期リハビリに勤務する若い療法士程、働きながら、新しい環境でスキルアップする為にも、積極的に周囲を見渡して欲しい。

意外に身近な所で募集している所はあるので、求人は出ていなくても、こちらからアポを取って、話をしてみるのも良いかもしれない。

※職場の上司に(一応)相談はするべきです。

新しい視点で物事を捉えられると、改定の度に悩まされる事は減りますよー。


次回の診療報酬改定にて回復期リハビリが1日6単位に包括化される件が話題になっており、最終的にどの様な形に落ち着くかが気になるところだ。

ただ、包括化される事で大人数が在籍するリハ科は確実に在宅サービス(訪問リハビリ・通所リハビリ)を強化し、補填する方向に向かうと思われる。

そうなった場合、小さな診療所や単独型の訪問看護に勤務するリハビリ職は今まで以上に利用者の確保が難しくなる。

私的には少人数で行っている訪問系の事業所は意思決定も早く、利用者の生活を多面的に捉え、チームアプローチが効果的に発揮出来ているように思う。

大人数になると、一人一人の責任感が薄れ易く、また、介入による効果も実感しにくいのではないだろうか。



新たに訪問リハビリを始める所からすれば、小規模の事業所に地域の訪問リハビリの特性や運営方法を尋ねる事は事業計画を作成する上で重要な情報となるし、小規模の事業所からすれば、地域のケアマネや介護士等に行う啓発活動の協力を仰ぎ易い。また、担当していた利用者が入院した際も、リハビリの状況等を確認し易く、再び退院後も関わる事が出来やすくなる。

どちらも一長一短がある訳だが、双方が在宅サービスを行う事業所として互いの存在を理解し、共同して地域全体を支える視点を持つ事が重要だと思う。


各市町村には3年毎に介護保険事業計画が有識者によって作成され、市のホームページや冊子にて閲覧可能です。

私が田舎で訪問リハビリを始める際にも現状と大まかな予測が立てられるので、プレゼン資料としては役に立ちました。

どこの市町村でも内容は似通ってますが、6期介護保険事業計画では総合支援事業に向けた取り組みが大きく挙げられています。

また、病院や老健からの訪問リハビリかが訪問看護やデイケアに比べると圧倒的に少ないのが、どの市町村でも共通していますね。

私的には訪問看護からのリハビリの点数が下がる分、中核的な病院や老健からの訪問リハビリは増え、単独の訪問看護ステーションからのリハビリは減って行くと思います。

田舎の中核的な役割を担う病院で訪問リハビリ始めませんか?


↑このページのトップヘ