先日に引き続き、「リハビリ やめたい」というフレーズから考えた持論を述べたいと思います。


まず、ちまたにはリハビリ系の本は、たくさん出版されていますよね。


AmazonでのKindle本でも、療法士が書いているものが増えてきました。

けども、技術的な部分に偏っている気がします。


つまり、日々の仕事に役に立つ(と思い込まれている)情報は必要な技術として、手に入りやすいけども、リハビリの仕事に耐えられなくなってきたときに、参考になる書籍ってないんじゃないかと。




その点、看護師に関しては人間関係に悩む人向けの本が数多く、出版されているんですよね。




 

こんな本が出版されているくらいですから、看護師の世界ってどんな感じ何でしょうかね……。

 

「困った〇〇」シリーズと題して、療法士向けの書籍も出版されたら、リハ科の科長や部長がこぞって購入するのかもしれません。


一人職場で良かった(笑) 



コミュニケーションうんぬんも大事ですが、思い切ってやめてしまって、違う分野を開拓する方が、双方にとって良いこともあるのではないでしょうか?


新しい分野で今までの経験が活かせられたら、それだけで報われるはずです。



そんあわけで、やめたくても中々、やめられない療法士の背中を押すためにも、


技術系の本だけではなくて、療法士をやめて、違う仕事をついている人の紹介本等あれば、面白そうだと思いません??



やめた理由も療法士によってそれぞれあるでしょうし、実際に転職が上手くいった人、失敗した人等、色々とあるはずです。


療法士という世間一般ではまだ、認知度が低い職歴をどう世間は捉えるのか?


最近流行りのテレビ番組のような、「失敗から学ぶ」ように、「転職した人の生き様から学ぶ」なんていかがでしょう(*^^*)


もし、元療法士で、「今はこんな仕事をしているよ!」って方がおられたら、是非、コメント下さい☆



是非、過去記事も見てもらえると嬉しいです(^o^)


福祉業具貸与事業所

福祉用具貸与・販売事業所に勤務する女性作業療法士の活躍がすごい☆


銀行

 銀行に勤務する作業療法士 小川三佳子OTの記事がopera 19に載っています。


介護士

作業療法士から介護士になった、ながみーさんのブログを紹介☆


農業関係

作業療法士は農業に向いている?一貫した想いに共感の嵐でした☆


旅行会社 

介護付き旅行専門会社に勤務する理学療法士について紹介


政治関係

群馬の作業療法士!堀越けいにん作業療法士の“熱意”が物凄い!!