3〜4年間で1000万貯める 


3〜4年間で1000万貯めようと思うと、月々に20万〜25万円以上を貯めないといけません。

月に25万円位が平均的な給与でそこから、生活費や貯金を行うという人が大半だと思います。

特に経験年数が若い(5年未満)の療法士であれば、理学・作業問わず、月に25万円以下かもしれません。

経験を積みながら、毎年の査定で給与があがれば良いですが、年間2000円程度の昇給しかないと、10年経っても基本給+2万円位ですよね。

主任手当なんかがついても1万円位ではないでしょうか。


10年以上同じ所で頑張って、働いても手取りで25万程度。

もしかしたら、それよりも低い場合、将来の事で不安になりませんか?


公務員でも無い限り、同じ所で特に理由もなく働き続けるのは、もったいないですよ。



最初の就職先に病院を選ぶのは勿体無い


学校を卒業して、最初の2年から3年は病院や施設で基本的な事を経験する(学ぶ)

これ自体、私の経験からは不要だと思います。

最初の就職先からすぐに、訪問リハや通所リハで働く方が後々の事を考えると、振り幅も大きく、色んな事に挑戦出来ますよ。

下手に病院で揉まれると、機能訓練重視の偏った療法士になりかねません。

技術も大事だけど、人間力を養う経験が今後は不可欠だと思います。


訪問リハビリについて知る


学校を卒業したら、まずは介護保険でバリバリ頑張っている、訪問看護ステーションや通所リハビリ事業所と関わりを持ちましょう。

病院で就職したなら2年目からは積極的に訪問リハビリに関して、理解を深めましょう。

基本的な訪問リハビリの開設方法や運営方法は書籍やブログ等で情報収集ができます。

それを基に、訪問リハビリで収益を上げる方法をまとめてみましょう。




田舎で訪問リハビリを始める


あなたが、地方(田舎)出身であったり、田舎の生活に興味があれば、もう行動するのみです。

都市部では飽和状態ですが、田舎では訪問リハビリの需要はあります。

けれども、求人では中々、条件が合致するところには巡り会えません。

また、求人を出している所はある程度の予測を立てていますから、敢えて避けるべきです。

ではどうするか?

自分で訪問リハビリの立ち上げをプレゼンし、収益に見合った給与を交渉するのがベストです。

基本給+出来高での給与体系で話をすすめましょう。


参考文献:勇気をもって変化の先頭に立とう( pdf)


生活費を低く抑えられる


田舎の家賃は本当に安いなと感じます。

1Kであれば、1万円/月で住める所もあります。勿論、駐車場代込み☆

住む所にお金がかからないので、必然と生活費全般が安く済みます。

しいていうなら、移動用に車が要る程度でしょうか。


毎月の支出を8万円で済ませる習慣を身につけます。



毎月15万+副業を貯める


1ヶ月の手取り収入を25万円とした場合、生活費に8万円、貯金に15万円とします。


年間で15万×12ヶ月で、180万円の貯金が可能です。(ボーナスを除く)

残りの70万はどうするか?

週1日は非常勤としてアルバイトをするのも有りです。

その際に、通所リハビリや訪問看護ステーションでのアルバイトを検討しましょう。

月に2回程度でも、経験とやる気が伝われば、雇用してもらえます。

その際にも自分自身でアポイントメントをとり、収益に対するプレゼンをする事をオススメします。

また、地域によっては市町村が介護予防に力を入れている所も多くあります。

地域ケア会議のアドバイザーや介護予防事業に関して積極的にアピールして、単発の仕事を創出するのもアリではないでしょうか。


20代で1000万貯めると将来が明るくなる

21歳 資格取得。 3年間 訪問リハビリに関する経験を積む。

24歳 訪問リハビリを立ち上げる

28歳 1000万貯める\(^o^)/

それからは・・・

      海外留学
 
  青年海外協力隊に応募
  
  訪問看護を起業

  大学院に通う

  別の仕事を始める

  新居の頭金にする

  


                      考えただけで、ワクワクしますね♪


年齢は関係ないけど、始めるなら早い方が良い


何でもそうですが、最初に始めた人が一番利益を挙げられるのが事実です。

田舎で働く療法士も年々、増加しています。

それに伴って、介護分野に力を入れる施設や診療所も増えてきました。

折角のチャンスを無駄にしないためにも、私が提案する内容に心当たりがある方は即、実行に移すべきです。

特に単身者や既卒3年目位の方であれば、これからの長い人生を考えた時に、訪問リハビリの立ち上げの経験が有るか無いかで差が生まれます。

どの様な状況下でも臨機応変に対応できる能力と貯蓄は、田舎で培う事が出来ますよ☆


訪問リハステーションをシミュレートするはプレゼン資料作りに不可欠です☆