前回に引き続き、各都道府県の作業療法(士)会からの紹介です。


今回は京都府作業療法士会のホームページからダウンロード出来るファイルで、特別支援教育OTチームのファイルがとても参考になるので、強くおススメしたいと思います。


50

 
具体的な事例とともに予測される原因とその解決方法について詳しく書かれています。




行動からその原因を推察する方法は、特別支援教育に注力されてきた作業療法士の視点の鋭さに驚きます。


そして専門職やその家族だけでなく、地域で理解を深め、地域社会で支援していくのにもうってつけのテキストではないでしょうか?


Q2 服の前後を間違える 小学校2年生のしゅんくん。体育の時間は真っ先に着替え、運動場に走っていきます。しかし、 置いてある体操服を手にとったまますぐに着始めるので、前後が逆になっていることがあります 1。また、正しく手に取っても、服を着る途中で前後が逆さまになってしまいます2,3。プリント のある服は、自分で前後の間違いに気付きますが、無地だと前後が逆で 1 日過ごすこともありま す。
30


是非、学校関係者の方にも一読していただき、地域住民向けの座談会や地域親睦会でテキストに書かれている事を広めてもらえたらと思いました。


そして、私達療法士も得意とする分野ではないから・・・。

普段、子どもに接する事が無いから・・・。


と、狭い視野ではなく、一人ひとりが視界を広げる為にも一度、目を通されると良いと思います。


私も発達分野に関わりを持ったことが無いんですが、子どもを持つ身として、大変、分かりやすく、参考になると思いました。


ちょっとした工夫で生活がより良くなる! という作業療法士のフレーズ通りです。

是非、興味が無い方も見てみて下さい。

いつの間にか熟読してますよ(^o^)