先日の義父プロブレムから2日が経ちました。

行くところが無いので、義母にお願いし、奥さんには実家に帰省してもらいました。広い家に一人で生活しています。

子どもも不穏な空気を察してか、余り私の所には来ませんが、今朝、寝ている私の枕元に次女が立っていて、気付かない振りをしていると、そっと布団をかけてくれました。声をかけようかと思いましたが、なんて言っていいか分からず、少し涙。お父さんは淋しいぞ~。


義母に奥さんの帰省を依頼した時に「いつまでもは無理よ。きちんと決めないと。」と言われた言葉を反芻し、結局家を出る事に決めました。


レオパレスも考えましたが、来年からしか部屋の空きが無い模様。それならばと思い、以前から興味があった車中泊を検討。ランクルプラドをセルフDIYにて快適な寝床に改良する方のブログを読み漁りましたが、自分には無理だなとすぐに却下。

とりあえず、普段使用しているマットレスと布団を持ち込んで、寒さ対策を整えました。

今年が寒暖な事に感謝し、車中泊で乗り越えようと思います。

LEDのランタンも2000円程で買ったので、車中の布団にくるまりながら、図書館で借りた本を読むのも良いなと妄想しています。

って、ここまで書いて現実に戻りました。何も解決せずに、車中泊しても、何の解決にもならないなと。

けれど、義父の憤怒に満ちた顔と出ていけの言葉が頭から離れないんですよね。

奥さんも気にはしているのでしょうが、特にコメント無しですし。

私たちがどの様な道を進んでいるのかは分かりませんが、距離を置いて冷却期間を作るのも必要なんだと言い聞かせています。


先週までは仲の良い夫婦だったのになぁー。と過ぎた事に想いを寄せながら、セコセコと明日からの身支度に励んでいます。きついなぁ(^_^;)