今日が月末の締め日で皆さん忙しかったのではないでしょうか?!

私の方は今月のノルマが達成され、安堵。したのもつかの間、人生を揺るがす大問題が勃発してしまいました。


それも、タイトル通り、義父からの出ていけ発言。

今日の朝8時3分。普段の出勤時間を5分過ぎているので少々慌てている時でした。

まだ頭がボンヤリしていますが、その時の状況は鮮明に覚えています。

この問題の発端は、田舎独特のわずらわしさや、日頃のうっぷんが入り混じっているので、何が原因かは、はっきりと言えないのですが、やはり、辛いですね。


ボディブローのようにジワジワと効いてきていて、22時を過ぎた頃からどうしようもなくなり、ブログにしたためる事にしました。

私と同じような経験をした人はいるかな?

出て行けとすごまれ、掴みかかろうとする義父の姿に恐怖は抱きませんでしたが、余りにも怒りの沸点が低くて、一発位殴られた方が良かったのかもしれないなと今になって後悔しています。

唯一、救われたのが、今日は訪問のスケジュールが8件で出勤から夕方まで考える暇が無い位に忙しかった点です。


何かで「悩み事がある時ほど、仕事に熱中した方が良い」という言葉を思い出し、移動中の車で反芻しました。


今日は普段より訪問リハビリの仕事に気合いが入っていたと思います(笑)

利用者さんとの何気ない会話や笑顔で心が救われるというのは、本当にありがたかったですね。


いつか、今回の義父プロブレムも笑い話にして、利用者さんとの円滑なコミュニケーションになれば良いのですが…( ノД`)シクシク…




家族という病 (幻冬舎新書)
下重 暁子
幻冬舎
2015-03-25




苛立ちを抱えながら、この本を購入しました。



先日、宮崎県で6人もの人が殺害された、痛ましい事件。

あれも、家族間のトラブルが原因かと報道されていましたね。

とあるニュースで解説者が

「日本は殺人事件が少ない国だが、身内内での殺人事件が突出して多い」

「家族を所有物のように考え、身勝手な犯行にいたるのではないか」

と言ったことを話していました。


助け合うのも家族だけれど、些細な事でいがみ合い、修復できなくなるのも家族なんだなと悲しい事件と今日、自分に起きた最悪の出来事が重なり、どちらも解決していない事にため息がでます。。。

明日から今年最後の月、2018年の締めくくりをはりきって頑張りましょう(^^)/