世間は3連休でしたが、しっかり休めましたか?


私は土曜日は通常通りの仕事で、日曜日はお祖母ちゃんの1周忌、月曜日は定休で子ども達をプールに連れて行きました。


そんな休み(?)明けの火曜日は定時に帰ることに決めています。

8件の訪問予定でしたが、1件休みとなり、7件でした。

それでも、17時には直接業務を終え、17時35分に事業所を出ました。


定時に帰るために私がしていることは、簡単で「次の日で良い仕事は無理にしない」ということです。


訪問リハビリの場合、重要なのは直接業務と記録、必要事項の連絡等ですが、本当に重要なのは直接業務と記録ですよね。


それ以外に残るとすれば、会議であったり、報告書の作成だったりします。


会議に関しては他のサービス提供者の方と調整をしないといけないですが、報告書等は自分のさじ加減で調整できます。


例えば、今日の様に一件、お休みが入った時などがチャンスで、集中して書類を作成します。


私の場合、書類等は主にパソコンで入力しているので、車の中で報告書の下書きを鉛筆で作成し、時間がある時にパソコン入力をしています。

いざ、報告書を書こうと思っても、細かい部分まで思い出せなかったり、書きたかった重要な事がなかなか出てこなかったりするので、車内で書いた下書きは重宝します。

一時期はスマホのメモ帳等に入力していたんですが、手書きの方が早いです(笑)

本当はスマホやタブレットを活用して、手間を省くのが良いのでしょうが、まぁ好みですかね。


あとは一番、連絡をとるのがケアマネさんなんですが、会議等の日程調整や緊急の連絡は移動中の車内でしましょう。








運転しながら、ハンズフリーで話せるので重宝しますが、声が聞こえづらい、雑音が入る等の不具合も中にはありました。


あとは、運転中に話して決めた事を忘れてしまうなんていうヒヤリハットも起こりうるので注意が必要です( ノД`)シクシク…



また、私の様に一人職場の場合は融通が利きやすいのですが、少し大きな事業所になると先輩や上司の手前、早く帰れないなんてこともあるようです。


けれども、実際に仕事をきちんとこなし、スケジュールを明確にしていれば、理解を示してくれるところもあるはずです。


自分の仕事の段取りを明確にして、計画立てて行動すると、残業時間は大幅に減りますよ!

子どもさんが小さい所は定時に帰って、子どもと過ごす時間を満喫しましょうね(^^)/