現在の職場はまれにみるホワイト企業で待遇も仕事の内容も満足しているんですが、ついつい、数年後の事を考え、起業の二文字が頭をよぎります。



改定の度に訪問リハビリの立ち位置が厳しくなっていること、今後の社会保障の焦点化を考えると、保険請求に頼っている現在のやり方でいいんだろうか…と。



そんな中、今までの経験を活かしながら、幅広い年代に関わり、元気になってもらいたいという想いから、移動式訪問整体という形がベストなのではないかと思うようになったわけです。


移動式訪問整体って言葉だけだと意味が分かりづらいんですが、要は、電話やネットで予約を受け付け、希望の場所で施術を行い、報酬を得るという、整体院を固定の場所で始めるのではなく、車内もしくは訪問先でこちらから出向いてサービスを提供するという感じですね。



自費なので、介護保険限度額が一杯の人を対象としたり、介護疲れで心身共に不調をきたしている人であったり、もっと一般的に日常での疲れが体に生じている人など、ニーズは結構あるように思うんですよ。


妄想ばかり膨らんでしまって、ついついどんな車なら折りたたみベッドが設置できるかなんて考えてしまいます(笑)





車も日産のe-nv200のような電気自動車であれば、エアコン等が使えるので、快適な状況での施術ができると思うんですよね。



Screenshot 2018-05-21 at 12.10.42


 

Screenshot 2018-05-21 at 12.11.29



Screenshot 2018-05-21 at 12.12.05


                 日産公式サイトより引用



電気自動車の利点は、モバイルオフィスとしても使えそうですね。

社内の割には広々とした空間で、空き時間にパソコンで仕事をしたりと、楽しそうです。


まだまだ現実的ではないですが、訪問リハビリをはじめた時の様なワクワク感が感じられるので、お金を貯めつつ、計画を立てていきます。


同じような事を考えているセラピストの方がいたら嬉しいです(*^^*)