作業療法士の活躍する場所はもう、病院だけでは済まされないんですね…。




    55
第50回 日本作業療法学会(札幌)より http://jotc50.mas-sys.com/site/searchtop.html


こちらから、抄録の参照が可能です⬇⬇

飛び出せ地域へ−フリーマーケットで相談会やっちゃいました−(PDFファイル)




フリマって今ではどこでも開催されているわけで、知らない人同士が、対面で交流するのに最も適している場だと思うんですよね。

私も休みの日なんかに、たまたま目に入ったフリマでも、必ず寄りたくなります。



そこに作業療法士が参加することで、相談会ができるという発想が素敵すぎません??


たまたま、立ち寄った人でも、知り合いや家族が閉じこもりがちで悩んでいるかも知れないじゃないですか。

そこでの出会いがきっかけで、次のフリマが開催されるときには、連れ出してきますって話になるはずです。


フリマのようにたくさん人が集まる場所って、病院や相談所と違って、気持ちが和らぐ効果があるんですよね。

広い場所に知らない人同士が集まっていて、緑や自然があり、子どもがワイワイと遊んでいる。

気持ちの良い風が吹く中で、中々、相談できなかった悩みや不安を聞いてもらえる安堵感。



抄録の中でも、相談に来たかたが作業療法士に相談をすることで、精神的な変化があったことが書かれています。


話を聞くだけで、その人に必要な、声かけができる療法士に改めて感心してしまいした。


最近ではスマホやパソコンでも個人間の商品売買はできますが、やっぱり、直接、顔を合わせて、話ができるフリーマーケットはすごい可能性を秘めていると思います。


同じ相談所でも市役所の中や病院の1画に設置してあっても、なかなか行けないですよね。


そこだと、逆に説教されるんじゃないかって思ってしまいます(笑)


全国各地でこの作業療法士による相談会がフリマで行われれば、元気になる人が増えることが間違いなしですよ(^o^)


地域で活躍する作業療法士の活動が知りたい方はこちらも是非どうぞ⬇

保険外サービスはこの人から学べ!石山満夫作業療法士の活動を紹介