先日、とあるメッセージが私のブログに届きました。


メッセージの内容もそうですが、その差出人の名前を見てビックリ(✽ ゚д゚ ✽!);));))))


なんと、以前このブログでも紹介した、石山満夫作業療法士からだったんです!


どこで私のブログを知ってくださったのかは謎ですが、第一線で全国を舞台に活躍されている有名人からのメッセージで正直、戸惑ってしまいました(^_^;)

もしかして、以前、私が書いた記事の内容が不適切だったのではないか…。

これは怒られる前にこちらから先に謝罪しようと思い、

勇気を出して返信すると、、、


全然、問題ないですよ!どんどん書いて下さい^_^

注)一部、私の思い込みによる加筆がされています(笑)



まぁ、これで安堵したわけですが、その続きに石山作業療法士がプロデュースされている、青年療法士のための合宿について直々に、誘われました(^o^)


この合宿がまた、すごい内容で、作業療法士や理学療法士が地域でどんなけ活躍するんや!?
って思わせる程、ぶっ飛んでいる(良い意味で)内容でした。


      気になる方は是非、こちらをクリック⬇⬇⬇


    青年療法士まちづくり塾(PDF)



この合宿の概要からも、石山作業療法士が以前からご自身のサイトで書かれている内容に当てはまることなんですよね。


保険外サービスやまちづくりが、話題にさえあがっていない頃から、実践し、試行錯誤されていたことだといえます。

そのマインドを受け継いだ石浜塾長を筆頭に、新たな形で地域に貢献する療法士を育成する合宿。

本当に凄い(゚ ゚д゚)ハッ!!);)


現状や将来に対して不平を行ったり、悩んだりする前に、療法士として活躍できる事柄は無数にあり、それが以外にも身近な地域にあることを教えてくれているんですよね。



石山作業療法士が全国学会や各地域でのシンポジウム等を忙しい中で行われるのは、私達、療法士に視野を広くもって、新しいことにチャレンジする気持ちを伝えようとしてくれているんだと思います。




1泊2日の合宿に参加して、住み慣れた地域で新たな事業を起こす療法士が増えそうですよね。


私も是非とも参加したいのですが、家族会議中です(T_T)


合宿に参加できないけども、どんな内容か知りたい!という方はこちらの本の購読をオススメします。








※青年療法士まちづくり塾 塾長 石浜 実花 作業療法士の連載です。