訪問リハビリでは病院等のリハビリ科と違って、白衣や療法士用の制服ではなく、動きやすい上下のジャージもしくは上は白のポロシャツ下は動きやすいジャージ等の所が多いのではないだろうか?

個人医院や小規模の事業所になると統一した制服は事務方等ではあっても、訪問系サービスや通所サービスは極端に違和感が無ければ、個人の裁量に任せる所も多い。

経営面から見ても制服を新調し、統一したデザインにすると費用がかかる上、個人の体格差や離職者が出る事を考えると、案外、バカにならないかもしれない。

しかし、訪問リハビリの様に会議等のややフォーマルな場面と実際の訓練を行う場合とで、服装を変える方が良いように思う。

特に導入時の各担当者が集まるカンファレンスや新規の利用者の初回訪問時に上下ジャージ姿で訪問するよりも、上は白シャツもしくはポロシャツで、ズボンはベージュのパンツ、名札は首からかけるタイプ、髪型も男性であれば長髪よりも短髪の方が好感度が上がる(らしい。)

女性の場合は男性に比べると、服装の事よりも身だしなみが好感度に影響を与える(らしい)


そして、男女共に言われるのが、標準体重よりも肥満タイプもしくは運動が苦手そうな雰囲気は初回から利用者にマイナスな印象を持たれやすいとの事。


また、同じ様に肥満体型だとしても、経験があるベテラン療法士や肩書きがある事を利用者側が認識していると、通常、マイナスな印象を与える見た目が、さほどマイナスにならないばかりか、プラスに転じる事もあるらしい。

やはり、人は独自の判断基準があり、肩書き等の情報によって、容姿等の印象を修正して認識するものかもしれない。


つまり、経験年数が少なく、やや肥満体型で運動が苦手そうな療法士は見た目からマイナスな印象を持たれやすい事を意識し、利用者とのより良い関係づくりの為にも自己管理が必須なのかもしれない。


また、自身の自己管理プログラムを通じて、利用者に指導を行う際など、ポイントや声掛けの工夫等が自身の体験からより適切に行えるのではないだろうか。


私自身も、自己管理として毎日の筋トレは必須であるし、運転時間等が長い事から腰痛等を患った経験からも、ストレッチは訪問の合間に時間をみて行っている。



長くリハビリの仕事を続ける為にも早い段階から、相手の視線を意識して行動を形成するのは、大変重要な事だと言える。