先日、日本作業療法士協会から年会費の納入の通知がきました。


金額にして、12000円。


これとは別に県士会の年会費も銀行口座から引き落とされるので、年度末そうそうに20000円程度の出費になります。


県士会の年会費は口座からの引き落としなので、仕方がありませんが、


日本作業療法士協会の年会費は数年前からコンビニエンスストアでの支払いが可能になったんですよね。

めずらしく作業療法士協会も良い仕事をしてくれました(^^)

ここからが、本題ですが、12000円の年会費をただ現金で払うだけじゃ、もったいないので、とっておきの方法を紹介します。


1.nanacoで節約

セブン-イレブン等で使える電子マネーnanacoがあれば、バーコード付きの納付書で支払いができます。

100円利用ごとに1ポイントのnanacoポイントがもらえます。


年会費が12000円なので、120ポイントがつきます。

ですが、nanacoに現金でチャージするのはもったいないですよ。

2.nanacoにクレジットカードでチャージ

nanacoで年会費を支払う前に、クレジットカードでチャージをします。

還元率の高い、リクルートカード(1,2%)もしくは楽天カードJCB(1%)がnanacoへのチャージ対応しています。


楽天カードはJCBのみnanacoに対応なので、注意が必要です。

ちなみに、私は知らなくて、MasterCardで作ってしまい、nanacoへのチャージに対応していません(T_T)

なので、リクルートカードでチャージをしています。


12000円分をクレジットカードでnanacoにチャージすると、

リクルートカードならポイントが140ポイント

楽天カードなら120ポイント

が還元されます。


3.まとめ


上記の方法なら、12000円で、240円〜260円相当のポイントがもらえることになります。

普通に振り込むだけだと、それだけですが、ちょっとの手間でポイントとして還元され、他の物に使えるというのは利用するに越したことはないと思いません?



ちなみに、理学療法士協会は年会費の支払いを楽天カードでの引き落としを推奨しているようです。


日本理学療法士協会 年会費


口座振替もしくはクレジットカードでの引き落とししか対応していないようなので、今回、紹介した方法は難しいようですが、楽天カードでクレジットカードを作るのであれば、JCBがオススメですよ☆


nanacoを使った節約の方法について詳しく知りたい方は、下記のサイトが分かりやすく丁寧で良いですよ☆



【保存版】使えば解るnanacoポイント節約法でお手軽節約生活 −暮らしの視点-


※あくまで個人の経験を基に実施していますので、必ず、記事の通りになるという保証はありません。
実践される際は、自己責任にてお願いします☆